崩れ落ちる

全て 動詞
654 の用例 (0.00 秒)
  • 「崩れ落ちるのを自分の眼で見られなかったのが残念だ」と彼は言った。
  • 音をたてて崩れ落ちる天主堂が眼に見えるような気がしたからである。 辻邦生『天草の雅歌』より引用
  • 伊島は崖の上のホテルが、土台を爆破されて崩れ落ちる光景を想像した。 半村良『不可触領域』より引用
  • すぐ後ろで、大きな、固くて重い物が崩れ落ちる時の絶望的な音が響く。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • その痛みに目を白黒させながら顎を手で押さえ、部員は床に崩れ落ちる。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • ただ心のどこかが、崩れ落ちるほどに揺すぶられるような衝撃だった。 苑崎透『トップをねらえ! ネクストジェネレーション』より引用
  • という激しい音がして、周りの本の塔が、振動しんどうでどさどさ崩れ落ちる。 野村美月『文学少女シリーズ15 “文学少女”と恋する挿話集4』より引用
  • 漸くわが家に帰り、居間に通った母は崩れ落ちるように坐って、言った。 外村繁『日を愛しむ』より引用
  • 風、なのだろうとは思うのだが、大河たいがはそのままへたへたと崩れ落ちる。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第04巻』より引用
  • 海に到達した氷河は、崩れ落ちるか、あるいは分離して氷山を形成する。
  • 崩れ落ちる紙と紙との隙間から、どろのようなものが染み出してきた。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ03 琥珀の画廊』より引用
  • この家はあなたの上に崩れ落ちる危険が、多分にありますからね。 佐藤正彰訳『千一夜物語 05』より引用
  • さらに、夏季にはフィヨルドが崩れ落ちる瞬間を目撃できることもある。
  • 西側に倒れこむように沈みこんで、自らがあげた煙の中にくずれ落ちる。 小野不由美『悪霊シリーズ 1 悪霊がいっぱい!?』より引用
  • プレイヤーが勝利すると、崩れ落ちる氷河から逃げなければならなくなる。
  • 脱力だつりょくした体がくずれ落ちるその昔が、どこか遠くからひびいて聞こえた。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ01 ひとつめの虚言』より引用
  • 暫く誰も黙っている静かな窓の外で、ときどき屋根から崩れ落ちる雪の音がした。 横光利一『旅愁』より引用
  • だが、諸君、これらの石が崩れ落ちる前に、ちょっと考えてもらいたい。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • 槍肩への斜面は足元の雪が板状になって崩れ落ちるので非常に不愉快だった。 加藤文太郎『単独行』より引用
  • 崩れ落ちるような大音響の中に悲鳴に似た島村夕子の気合が聴きとれた。 宇神幸男『消えたオーケストラ』より引用
  • 次へ »