崩れ墜ち

11 の用例 (0.00 秒)
  • 瞬間、僕にはこのガラスの家がバラバラになつて頭上に崩れ墜ちたやうに思つた。 原民喜『飢ゑ』より引用
  • だが、眼の前にあるこの無限感は、忽ち、彼の上に崩れ墜ちさうになるのだ。 原民喜『火の踵』より引用
  • それが今、音もなく崩れ墜ちてゆくようだった。 原民喜『死のなかの風景』より引用
  • だが、学生の僕は、僕の上にかぶさる世界が今にも崩れ墜ちそうになる幻想によく悩まされた。 原民喜『夢と人生』より引用
  • 鉄筋の残骸ざんがいや崩れ墜ちた煉瓦れんがや無数の破片や焼け残って天を引裂こうとする樹木は僕のすぐ眼の前にあった。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • 坂の石段を昇りつめたところにある図書館も赤煉瓦の六角塔は崩れ墜ちて、鉄筋の残骸ばかりが見えている。 原民喜『夢と人生』より引用
  • しかしそれにつづいて、内飜足の柏木が、おそろしい音を立てて、私のかたわらに崩れちていた。 三島由紀夫『金閣寺』より引用
  • 鉄筋の残骸や崩れ墜ちた煉瓦や無数の破片や焼け残つて天を引裂かうとする樹木は僕のすぐ眼の前にあつた。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • バラバラの地帯は崩れ墜ちさうだ。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • バラバラの地帯はくずちそうだ。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • 抽斎がそこへ来掛かると、本箱が崩れちた。 森鴎外『渋江抽斎』より引用