崩れ去る

110 の用例 (0.00 秒)
  • ヨーロッパの内戦は終わり、古いヨーロッパの世界は崩れ去っていった。
  • でも私は自分が永遠と信じていたものがいくつも崩れ去るのを見て来ました。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • これまで信じていたものが、残らず音をたてて崩れ去ってゆく感じだった。 水野良『黒衣の騎士』より引用
  • その後、世界はかつてない巨大な天変地異に襲われ、文明は崩れ去った。
  • ただ、意識的に努力しないで、自然に出来上ったり崩れ去ったりした。 豊島与志雄『女心の強ければ』より引用
  • 明らかにわたしの前で常識は既に崩れ去ってしまっているのだ。 上遠野浩平『わたしは虚夢を月に聴く 校正06 03 15』より引用
  • これでは、わずかな地震じしんでどこよりも早くくずれ去ることが可能だろう。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • 今日まで信じてきた現実が崩れ去ったショックは抜けなかった。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • 今まで信じていた何もかもが少年の目の前から崩れ去っていった。 有沢まみず『いぬかみっ!08』より引用
  • ゆっくりと築いていこうと思っていたものは、すべて今この場で崩れ去った。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 社長秘書と愛情関係にあることがわかれば、この希望も期待も崩れ去る。 松本清張『馬を売る女』より引用
  • それは関東大震災で崩れ去った浅草の十二階の二倍の高さがあった。 伏見健二/高井信/山本弘『妖魔夜行 魔獣めざめる』より引用
  • 一一年かかって積み上げてきた人格のすべてが、音もなく崩れ去ってゆく。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • そんな環さまの一言で、私の夢はガラガラともろくもくずれ去ったのだった。 今野緒雪『マリア様がみてる 35 私の巣』より引用
  • 張りつめていたものがくずれ去ったようで、自分の中が空っぽの感じだ。 赤川次郎『セーラー服と機関銃』より引用
  • それはまるで、かれの王国が崩れ去っていくすがたに似ていた。 R・E・ハワード『征服王コナン』より引用
  • 一瞬胸が高鳴ったが、その期待は次に続いた言葉でもろくも崩れ去った。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • しかし、日本側の提案はアメリカ側の強硬な姿勢によって崩れ去ってしまう。
  • たとえ八年間かけてきずき上げたものであっても、たった数時間でくずる。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第04巻』より引用
  • そしてこの同じ年、人類のもうひとつの悪に対する防波堤もまた崩れ去った。 川又千秋『1+1=0』より引用
  • 次へ »

崩れ去る の使われ方