崩れる

全て 動詞
2,305 の用例 (0.02 秒)
  • 教授は机の上に手をつき、それから椅子の上にくずれるように腰を下した。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • そのため陽である体が崩れると霊は陰に下り、それを人は死と言い申す。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 我方の抗戦力がそう敵の予定通り崩れるとは思われなかったからである。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 今までの自分を作っていたものがボロボロに崩れる感覚を確かに得ていた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 実際は崩れるのを期待していたわけだが、面倒なので否定しなかった。 中村弦『天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語』より引用
  • そして門の外へ出たかと思うと崩れるように大声を出して笑った。 蒲 松齢『嬰寧』より引用
  • これは無制限の時間停止が可能になるとゲームバランスが崩れるため。
  • まるでほのおかたまり雪崩なだれるように、叫喚きょうかんする魔軍まぐんを引き連れて巨人は走る。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第10巻』より引用
  • 小吉は崩れるような顔つきになってすぐに弁治と一緒に谷中へ出て行った。 子母沢寛『父子鷹 上巻』より引用
  • だから、投手戦になっても、先に、大林の方が崩れる可能性が強いんだ。 西村京太郎『消えたエース』より引用
  • あれが信頼関係の崩れる前兆ぜんちょうだったのかもしれない、とサーラは思った。 山本弘『サーラの冒険 4 愛を信じたい !』より引用
  • 挨拶もそこそこに、その家を出ると車の上に崩れるように身を投げた。 小酒井不木『初往診』より引用
  • 第一それを認めたら、俺が学校で習ってきたこと一切が崩れるからな。 かんべむさし『かんちがい閉口坊』より引用
  • 私は淵のあちこちに小さな渦ができては崩れるのをしばらく見ていました。 吉田知子『無明長夜』より引用
  • 客観的にいまの状況を考えて結局いつかはくずれるだろうって予感していた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス04 コンフィデンシャル・コール』より引用
  • 何処までもひろがる浜辺に打ち寄せては崩れる波を見ていたかっただけだ。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • 液晶の画面には、岩をかんで崩れるように落ちてくる滝が映っている。 赤川次郎『怪盗の有給休暇』より引用
  • その笑顔が、泣いてでもゆくように素速く崩れるのは、私の気のせいか。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • 不意に足下が崩れるようで、美奈の体は闇の底へと呑み込まれて行った。 赤川次郎『黒い壁』より引用
  • 目を大きく開き悲鳴を上げた瑠璃子は、そのまま崩れるように気絶した。 葉山透『9S<ナインエス> 第01巻』より引用
  • 次へ »