崩れやすい

72 の用例 (0.00 秒)
  • あいつが地面の下を掘り進んだため、土が崩れやすくなっているのだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター10 エイリアン魔神国 上』より引用
  • いまのくしゃみのせいでないにしろ、雪面が崩れやすいのは確かだった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター10b D-双影の騎士2』より引用
  • 恐らく、前足の他にも全身を振動させて土砂を崩れやすくするのだろう。 菊地秀行『トレジャー・ハンター10 エイリアン魔神国 上』より引用
  • 古い石垣は雨と風の影響で崩れやすくなっているからである。
  • 石はくずれやすく、慎重しんちょうに一歩ずつ足場を確認かくにんしながら登らなくてはならない。 山本弘『サーラの冒険 5 幸せをつかみたい !』より引用
  • 他に、崩れやすい地形に集落があったことなどがあげられている。
  • 身が軟らかく崩れやすいので煮物には向かないと言われることもある。
  • その心が崩れやすいのは、ちょうど荒れた邸が住む人のないために崩壊してゆくのに似ている。 アーヴィング/吉田甲子太郎訳『スケッチブック』より引用
  • 新城は谷の上の滑りやすく崩れやすいけもの道をくだっていった。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第三部』より引用
  • くずれやすい足場にも神経を使わねばならず、一行の進む速度はかなり遅くなっていた。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • 地形的に見ると、渓流というのは崩れやすい急傾斜からなる河川の部分である。
  • 脆く崩れやすい紙を慎重に扱い、灯の方に持って行った。 ディック/仁賀克雄訳『人間狩り ―ディック短編集』より引用
  • まず、豪雨以前に山が崩れやすくなっていたことである。
  • 一度打たれて、得点圏にランナーが進むと崩れやすいし。 入間人間『電波女と青春男 第03巻』より引用
  • 平穏へいおんな日常というものは、実は何よりも得がたくそして崩れやすいひとつの財産ざいさんなのだと。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ02 金狼の住処』より引用
  • 険しいわけではないが、非常なまでに崩れやすい道だ。 西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』より引用
  • その反面、車重が重くなってしまったり、デザインバランスが崩れやすい。
  • ゆかのそこらじゅうに穴が開いてるし、壁もくずれやすい。 山本弘『サーラの冒険 2 悪党には負けない !』より引用
  • この頃から体調が崩れやすくなったと思われ、この後も数度にわたり湯治に訪れている。
  • 不思議なことに彼女の足元は、崩れやすい瓦礫だというのに、かけらひとつ落ちない。 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』より引用
  • 次へ »

崩れやすい の使われ方