崩れはじめ

74 の用例 (0.00 秒)
  • ガラス化した斜面はすでに内側へむかって倒れ、崩れはじめていた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 母屋の地上部分も、一〇六ミリ無反動砲弾を次々に浴びて崩れはじめた。 大藪春彦『非情の女豹』より引用
  • 韓国でいまほんとうに崩れはじめているのは、この信じ方であるような気がしてならない。 呉善花『スカートの風』より引用
  • しかし突然、しっかりしていたはずの足許の大地が音をたてて崩れはじめた。 坂東眞砂子『蛇鏡』より引用
  • 科学のもたらす力が地球を実際的に破壊する現象を見て、科学信仰は崩れはじめた。 赤瀬川原平『老人力 全一冊』より引用
  • キスをし、氷上で愛の疾走する幸福な二人の周りの氷が溶け崩れはじめた。
  • それからぼくの自信は少しずつ崩れはじめた。 遠藤周作『海と毒薬』より引用
  • 猪股さんが卒業していったことから、校内の力による秩序は崩れはじめていた。 佐野良二『闇の力』より引用
  • 二階建ての校舎が巨体の圧力で音をたててくずれはじめた。 半村良『セルーナの女神』より引用
  • 老ノ坂の峠路に、いよいよかかり出すと、しかし康元の決意は崩れはじめた。 杉本苑子『今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • 足をのせていた狭い岩棚が、ボロボロと崩れはじめた。 ロッデンベリイ『スター・トレック5/新たなる未知へ』より引用
  • その壁が崩れはじめているのがわかった今、ケイスは奇妙な恍惚感を痛烈に覚えている。 ギブスン『ニューロマンサー』より引用
  • それを待っていたかのように、氷山ひょうざんのような雪と氷の城は、上のほうから、ゆっくりと崩れはじめた。 岡野麻里安『銀の共鳴5 雪の破魔弓』より引用
  • もはや、情報特権階級の足元が崩れはじめているということだ。 井上トシユキ+神宮前.org『2ちゃんねる宣言 挑発するメディア』より引用
  • 足元が崩れはじめていることを感じ出した。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • 数多くの住居が集まって積木の丘をなしている姿は一つの偉観ではあったが、今、その丘が音もなく崩れはじめていたのである。 倉橋由美子『アマノン国往還記』より引用
  • 京都の治安は、池田屋斬りこみをきっかけにして、また崩れはじめた。 半藤一利『幕末辰五郎伝』より引用
  • 共産主義信仰はもうその前から崩れはじめていたけど、誰もがそれを明らかに悟ることになったのは、やはり何といってもソ連の崩壊である。 赤瀬川原平『老人力 全一冊』より引用
  • 戦線がくずれはじめている。 桜坂洋『All You Need Is Kill』より引用
  • と同時に、人工的であり不自然でもあった四次元世界への全存在の拡大が静かに、だが急速に崩れはじめていった。 E・E・スミス/川口正吉訳『ヴァレロンのスカイラーク』より引用
  • 次へ »