崩れてゆく

113 の用例 (0.00 秒)
  • 私はそんな風にすぐにも男のひざに崩れてゆくような女に見えるのだろうか。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 破壊に破壊がつぎ、旧家、旧勢力は音をたてて崩れてゆく時代であった。 唐木順三『無用者の系譜』より引用
  • 燃えくずれてゆくものと、ただその衝撃しょうげきに打ち倒されるだけのものとがいる。 流星香『プラパ・ゼータ 3 平行神話』より引用
  • 写楽は、その時の反抗心が今は砂のように崩れてゆくのを感じている。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • エイプリルは自分の脳味噌のうみその中で、理想の女性像がくずれてゆく音を聞いた。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • 俺が考えていた、俺が今まで暮らしてきた「日常」がくずれてゆく感じがする。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常①』より引用
  • 彼は床の上に自分の身体が崩れてゆくのを意識した。 海野十三『蠅男』より引用
  • さして感じないふうを装ってはいたが、足元の床が崩れてゆくようであった。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • 信じてしまえば、自分の立っている足場が、根底からくずれてゆくだろう。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • おれの中の女帝のイメージが、またしても音を立ててくずれてゆく。 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』より引用
  • 便りにしていたものが崩れてゆく何とも云えないいやな気持です。 梶井基次郎『橡の花』より引用
  • 自分の立っている地面が崩れてゆく思いがした。 星新一『殿さまの日』より引用
  • なにかが吉亮のなかで音たてて崩れてゆくようであった。 綱淵謙錠『斬(ざん)』より引用
  • ああ、庶民しょみんあこがれ十貴族の武人像が、目の前で音を立ててくずれてゆく。 喬林知『今日からマ王 第14巻 「やがてマのつく歌になる!」』より引用
  • 私の中で、乾いた音を立てて、なし崩しに崩れてゆくものがあるようだった。 川上宗薫『流行作家』より引用
  • 新しくなる道を捜して、崩れてゆく過程は、文学でもはっきり現われています。 宮本百合子『第一回日本アンデパンダン展批評』より引用
  • 窓の向うに見える井戸の中に、夫の肉体は崩れてゆくだろう。 海野十三『俘囚』より引用
  • 遠いが、その波の白さだけは明瞭めいりような映像を結んで崩れてゆく。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • たとえば夢ではあのときの街の屋根がゆるいゆるい速度で傾いてくずれてゆくのだ。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • それは私自身の崩れてゆく感覚だった。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 次へ »

崩れてゆく の使われ方