崩れている

296 の用例 (0.00 秒)
  • 数十年前までは玄室内に入れたというが、現在では両方とも崩れている。
  • すぐ軽いいびきが聞こえて来たが、彼の姿勢はいささかも崩れていなかった。 新田次郎『新田義貞(上)』より引用
  • 昆虫では分類群毎のバランスが崩れているのが大きな特徴となっている。
  • 着ている物もそう崩れていなかったし、顔色だって赤味がさしている。 阿佐田哲也『ヤバ市ヤバ町雀鬼伝1』より引用
  • 顔の見わけがつかないほど崩れているのは、四、五日前の戦死者であった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • そうして多少型が崩れていても技をかける一連の流れを重視した。
  • 崖の一部は少し崩れていたけど、あれだって、たいしたことはなかった。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ03 ダーティペアの大乱戦』より引用
  • 曲が変わった直後、小川は一瞬こみ上げるものがあり表情が崩れている。
  • 夜ふけの電車に乗っている人たちは、みな何かしら姿勢が崩れていた。 石川達三『青春の蹉跌』より引用
  • 完璧に整ってはいないにせよ、いびつに崩れているというわけでもない。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • 石で造られた水道橋が林の中を通り、林を抜けたところで崩れている。 夢枕獏『シナン2』より引用
  • その崖がおくへいったところで大きく崩れているようである。 横溝正史『金田一耕助ファイル17 仮面舞踏会』より引用
  • しかし、今は大半が崩れているために、機体の一部を確認することができた。 皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』より引用
  • したがって犯人は三日前に車道が崩れていることを知っていなければなりません。 森村誠一『棟居刑事の情熱』より引用
  • ホームは現在も多少崩れている箇所はあるが残されている。
  • もちろん、そんな人に読めない文字を書いた本人の名前はもっと崩れていた。 森博嗣『捩れ屋敷の利鈍』より引用
  • 一昨年は三月二十日ごろから入ったが、少しも雪崩れていなかった。 板倉勝宣『春の槍から帰って』より引用
  • 他の者たちと同じように、骨すら残さず燃えくずれていたはずだ。 流星香『プラパ・ゼータ 2 天空の魔法陣』より引用
  • だけど扇が崩れていないということはあまり手にとってもらってないということ。 長嶋有『ぼくは落ち着きがない』より引用
  • 統合失調症にしても左右脳のバランスが崩れているせいだという説がある。 澤口俊之『あぶない脳』より引用
  • 次へ »

崩れている の使われ方