崩れていく

323 の用例 (0.00 秒)
  • 靖子は、自分のなかでなにかが崩れていく音を聞いているように思った。 山田正紀『火神(アグニ)を盗め』より引用
  • それは内部で崩れていくものを、じっと耐えるために必要な時間だった。 斎藤栄『まぼろしの完全犯罪』より引用
  • どれだけ時間が経ったのか、やがて白い人形は内側に向けてくずれていった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録02 嵐を招く道士たち』より引用
  • 勝つための何かをしていなければ、自らの足もとが崩れていってしまう。 山際淳司『スローカーブを、もう一球』より引用
  • つらいことがあるたびに思いえがいてきた未来が、音をたててくずれていく。 岡野麻里安『銀の共鳴2 水の伏魔殿』より引用
  • 今にもひざからくずれていきそうに、身体からだの重心を失って左右にれている。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 02 善意の指針は悪意』より引用
  • 普通の山は時間が経つにつれて風化してしまい、形が崩れていくものよ。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • 命じられた五人は、豊臣家が音を立てて崩れていくことを感じていた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 八雲は今までの自分の常識が、音を立てて崩れていくのを感じていた。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 泥で作った意識が崩れていくように、急速に思考がやみに落ちていく。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第05巻』より引用
  • できあがったと信じていたジグソーパズルが、音をたててくずれていった。 今野緒雪『マリア様がみてる 03 いばらの森』より引用
  • 一歩前に進むと、棟内のどこかがザザッと音をたてて崩れていく気配がする。 奈須きのこ『DDD HandS』より引用
  • ベッドにもたれていた『係員』が、そのままゆっくりと床へ崩れていく。 鎌池和馬『とある科学の超電磁砲』より引用
  • この時に彼の日常は、その小説のごとく音を立てて崩れていった。
  • 水を吐き出した岩はもろくなるのか、砂のようにぼろぼろと崩れていく。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 主を失った城は白い少女の後を追うように、跡形もなく崩れていった。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • そんな彼を横目で見ながら、私は自分の中で何かが崩れていくのを感じていた。 乃南アサ『冷たい誘惑』より引用
  • 男は極めて冷酷な眼差しでジュリが崩れていくのを楽しんでいるようだ。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 昔からの夢が、ガラガラと音をたてて崩れていくのが、はっきりとわかる。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ04 暗黒邪神教の洞窟』より引用
  • 後には誰の姿もなく、あるものといえば崩れていく世界だけだ。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • 次へ »