崩れさる

全て 動詞
8 の用例 (0.00 秒)
  • 最初のうち、形成されては崩れさる世界のなかで、家族たちは臆病おくびょうだった。 スタインベック/大久保康雄訳『怒りの葡萄』より引用
  • 上ったものは必ず下り、形のあるものは必ず崩れさるものなのだ。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • 人麻呂にとって新しい時代への期待は、やがて崩れさることになる。 藤村由加『人麻呂の暗号』より引用
  • ラスボスを倒したのち、輪廻の魔法の源は主人公によって破壊されこの塔自体も崩れさることとなる。
  • たちまち何体かの屍人が倒れ、敵の囲みが崩れさる。 水野良『ロードス島戦記 外伝「ハイエルフの森 ディードリット物語」』より引用
  • ほとんどがこちらの予測通りに運んでいたのに、肝腎のミイラになにも発見できなければ推理は根底から崩れさる。 高橋克彦『即身仏(ミイラ)の殺人』より引用
  • 徹という子供はいても、ちょっとつつくとガラガラと音を立てて崩れさるような、もろい家庭しか築いていない。 三浦綾子『氷点』より引用
  • 確かにロードス島は全体的に温暖な気候にあるが、精霊力のかたよった地では、そういった一般論はもろくもくずれさる。 水野良『ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上)』より引用