崩れおちるよう

7 の用例 (0.00 秒)
  • 誤診ではないとわかったとき、足元が崩れおちるような恐怖に襲われた。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • 彼らは崩れおちるように座りこみ、燃えあがりそうな身体をやした。 小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン1 金と銀の旅』より引用
  • ツィマーマン夫人が雪のなかに崩れおちるように倒れた。 ベレアーズ『(ルイスと魔法使い協会2)闇にひそむ影(TXT)』より引用
  • 崩れおちるようにベンチに腰をおろすことしかできなかった。 大野木寛『ラーゼフォン第03巻』より引用
  • 私にとって、仕事と男に惚れることは常に同一線上にあり、そのどちらが欠けても、土台がしっかりしていない建物が、ちょっとした地震で崩れおちるように、私の精神生活はダメになってしまうのである。 小池真理子『悪の愛情論』より引用
  • そしてかれが、崩れおちるようにして長座に伏したとき、コスの衛兵らは茫然とたたずむばかりだった。 R・E・ハワード『大帝王コナン』より引用
  • 「陛下のお好きなように」若妻は、夫の差し出した椅子に、すわるというよりも崩れおちるように身を投げ出して、答えた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用