崩れおちる

45 の用例 (0.00 秒)
  • 誤診ではないとわかったとき、足元が崩れおちるような恐怖に襲われた。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • その緊張の崩れおちるのを待って、一服ゆっくりと煙草に点火するのである。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • 彼らは崩れおちるように座りこみ、燃えあがりそうな身体をやした。 小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン1 金と銀の旅』より引用
  • もうひとりの兵士は叫びも撃ちもせず静かに崩れおちる。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 03 異郷への帰還』より引用
  • 洋平が地面に崩れおちるのと、弘樹がうしろに転がるのが同時だった。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • ツィマーマン夫人が雪のなかに崩れおちるように倒れた。 ベレアーズ『(ルイスと魔法使い協会2)闇にひそむ影(TXT)』より引用
  • そのうちに、やがて、夫人の方も、身をかきむしって、崩れおちるのでした。 ミュッセ/山本泰三訳『ガミアニ夫人』より引用
  • 崩れおちるようにベンチに腰をおろすことしかできなかった。 大野木寛『ラーゼフォン第03巻』より引用
  • モルタルが崩れおちる埃で、部屋中はもうもうと大へんな煙だった。 カー/宇野利泰訳『帽子蒐集狂事件』より引用
  • 不安定になった壁の向こう側の床に、数えきれない品物が崩れおちる音が、ハリーに聞こえた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • 東京ビルの崩壊は、崩れおちるまでに相当時間が懸ったので、幸いにも人間には死傷がなかった。 海野十三『○○獣』より引用
  • 大地に立つこともならず、又右衛門は崩れおちるはずであった。 山田風太郎『忍法帖7 魔界転生 下』より引用
  • エドワードの裏拳を胸部に受けた男が、息を詰まらせ崩れおちる。 井上真『鋼の錬金術師3 白い花の舞う谷』より引用
  • しかし彼は崩れおちるとき紙片を混乱させ、最後の三角形をつけ加えないうちに死んだ。 フーリック/大室幹雄訳『中国鉄釘殺人事件』より引用
  • ものも言わずくずれおちる峻護の上に、加害者のあきれ声がりかかる。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 01』より引用
  • エアロックのドアが力まかせに閉められたのは、エンジン室の隔壁が崩れおちる直前だった。 クラーク『楽園の泉』より引用
  • 地響きを立てて二階屋がくずれおちると、一緒に綱を引っぱっていた警防団の男が汗をぬぐってにこやかに言った。 北杜夫『楡家の人びと (下)』より引用
  • やがてジェセラクの耳には、崩れおちる大地の響きや、抗しがたい力で引き裂かれる岩の悲鳴が聞こえてきた。 クラーク『都市と星』より引用
  • 河の水は絶壁のところで下へ引きこまれそうになり、前へ出まいとしてくずれおちるがけっぷちでしばらく動揺していたが、ついに一団の水のかたまりとなって水煙をあげながら落下した。 カフカ/中井正文訳『変身』より引用
  • 私にとって、仕事と男に惚れることは常に同一線上にあり、そのどちらが欠けても、土台がしっかりしていない建物が、ちょっとした地震で崩れおちるように、私の精神生活はダメになってしまうのである。 小池真理子『悪の愛情論』より引用
  • 次へ »