崩れおち

155 の用例 (0.00 秒)
  • 声がしみ入るように消えていって、そして女は彼の腕の中で崩れおちた。 山田風太郎『忍法帖3 伊賀忍法帖』より引用
  • もとから瓦も崩れおち、それに草が生えているといったありさまの屋根だ。 山田風太郎『忍法帖7 魔界転生 下』より引用
  • 派手な音をたててコンクリート製の壁が崩れおち、強化服が侵入してきた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』より引用
  • それから一時間ほどして、いよいよ博士が東京ビルの崩れおちた前にあらわれた。 海野十三『○○獣』より引用
  • 防空団の男たちが、崩れおちたそれらの家々の間を歩きまわっている。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • ラ・モールの体は、まるで眠りにつくときのようにゆっくりと崩れおちた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • たいていの者たちはいったい何が起こったか理解しないまま、その場にくずれおちた。 小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン2 銅の貴公子』より引用
  • そして断崖から崩れおちた累々るいるいたる岩石のかたまりの間へ下りて行った。 ルブラン/水谷準訳『奇巌城(ルパン・シリーズ)』より引用
  • 灰色の壁は湿気のために色があせ、歳月を経て崩れおちそうになっている。 アーヴィング/吉田甲子太郎訳『スケッチブック』より引用
  • となりで小さな苦痛のうめき声を上げながら、シャリーが崩れおちていった。 水野良『ロードス島戦記 4 火竜山の魔竜(下)』より引用
  • マー・ロンの目はおぼろげに、壁を背にした崩れおちそうな小屋の形を認めた。 フーリック/大室幹雄訳『中国梵鐘殺人事件』より引用
  • かの女は私に向って一歩、踏み出し、それからゆっくりと床に崩れおちた。 光瀬龍『東キャナル文書』より引用
  • 海は山なす怒涛どとうとなって三、四分おきに頭上に崩れおちてきた。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • フレイトは息をのみ、崩れおちた部分にはもう攻撃が加えられないことを見てとった。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『04 謎の金星基地』より引用
  • 未来の社会の天井は、あの醜悪なかなめヽヽヽ石がなくとも崩れおちはしないだろう。 ユゴー/斎藤正直訳『死刑囚最後の日』より引用
  • この惑星に嵐というものがあったとしたら、とっくの昔に崩れおちていることだろうな。 クラーク『都市と星』より引用
  • 床が崩れおちたあとの窪みに、いくつかの動物の姿が現われた。 ディック/朝倉久志訳『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』より引用
  • われわれの希望が夢のように崩れおちていくのを。 横溝正史『金田一耕助ファイル13 三つ首塔 v0.9』より引用
  • 疲労と絶望とで崩れおちないためにも、信じてはならなかった。 モーリアック/遠藤周作訳『テレーズ・デスケルウ』より引用
  • そして、窒息した王はどうとばかりにベッドの上に崩れおちた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • 次へ »

崩れおち の使われ方