島奪回

29 の用例 (0.00 秒)
  • 天皇その人が、ガ島奪回に最大の努力を重ねているあかしでもあろう。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • と、補給船団護送の問題で、陸軍のガ島奪回作戦への海軍の協力を要請した。 阿川弘之『山本五十六』より引用
  • が、いかに苦悩しようと、ガ島奪回は今や国力上からみて許されない。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • その中で、モノ島奪回の計画は陸軍にも海軍にもなく、同島の奪回を断念するとの結論に達した。
  • 右の発言を見ると、福留部長はすでに作戦転換の止むを得ないことを考えているようで、陸軍もガ島奪回は諦めている様子が見えた。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • 第2次世界大戦中にはコディアック周辺に複数の軍事基地が建設され、日本軍に占領されていたキスカ島及びアッツ島奪回に向けた前哨基地となった。
  • このサイパン島奪回作戦は、軍事的な意図からだけでなく、東條英機内閣の責任を追及する政治的な目的からも主張されていた。
  • ガ島奪回ができるとすれば、それは奇蹟に近い、現地指揮官のまったく自信をもっていない作戦を続行し、今後の大局の作戦すべてを危うくすべきではない。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • 「上下一心努力して最善の努力をいたし速やかに作戦の目的、すなわちガ島奪回を達成せん」と。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • 末次はサイパン島奪回に熱意を示していたという。
  • 日次は少し後のことになるが、第二師団の攻撃失敗によってガ島奪回はいよいよ困難になると考えた十一航艦司令部は、宮崎第十七軍参謀長のガ島進出の際、大前参謀を同行させ、同参謀は実情視察の結果を連合艦隊司令部に出頭して報告した。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 天皇の激励と賞賛の言葉を受けながらも、連合艦隊司令長官山本五十六大将は、このとき、ガ島奪回は不可能とひそかに結論づけていた。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • 五、自分としては、航空隊戦力とその補充の状況から見て、ガ島奪回は百パーセント成算がないと思う。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • 大佐は、ガ島に関するあらゆる条件がこれまで不利であったが、これからは異常な覚悟と努力とで、まず敵航空勢力を制圧し、あくまでガ島奪回を策することを確言した。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • これは前線視察を兼ねて現地将兵の士気高揚を狙ったものであったが、同時にガ島奪回作戦以来、苦闘を続ける陸軍第17軍に対し参謀長の宇垣は司令部を訪問しその戦功を労いたいと以前から考えており、山本もそれを望んでいたことも理由の一つであった。
  • その甚大な損害は、それから二カ月後、八月にはじまったガダルカナル島奪回作戦に深刻な影響を及ぼさずにはおかなかった。 五味川純平『御前会議』より引用
  • その第五十一師団を速かにニューギニアに指向するというのは、東部ニューギニア北岸の要地が危殆に瀕しているという事情もあるが、ガ島奪回のための大兵力の集中という意気ごみが俄かに薄れて、戦略転換の必要が統師部の意識を浸しはじめていた証拠の一つと見ることが出来るであろう。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 八月十三日、大本営はガ島奪回を上奏し正式に允裁を受けた。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • ここにガ島奪回は大命となった。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • イギリスの違約を知ったクダ王国は1万人規模の大軍を動員してペナン島奪回を企図したが、この計画は事前にフランシス・ライトの知るところとなり、クダはペナン奪回に失敗したのみならず、島の対岸に位置するマレー半島のをも奪われ、ともに正式にイギリスへ割譲することとなった。
  • 次へ »

島奪回 の使われ方