島の奪回

17 の用例 (0.00 秒)
  • 一、ガ島の奪回はいくら考えても正直なところ十分な確信はない。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • 辻政信の訪問は、ガダルカナル島の奪回に海軍の協力を要請しに来たのだった。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(上)』より引用
  • サイパンやその他の島の奪回だって易々いいたるものだよ。 北杜夫『楡家の人びと (下)』より引用
  • オランダはたびたびセント・マーチン島の奪回を図ったが、すべて失敗に終わっている。
  • オランダはその後たびたびセント・マーチン島の奪回を図ったが、すべて失敗に終わっている。
  • これ以来、ガダルカナル島の奪回を目指す日本軍とアメリカ軍の間で、陸・海・空の全てにおいて一大消耗戦を繰り広げることとなった。
  • アルゼンチン陸軍はサウス・ジョージア島を重要視していなかったことから守備隊は即降伏したため、同島の陸上での戦闘はほとんどなく、イギリス軍はサウス・ジョージア島の奪回に成功する。
  • これ以来、ガダルカナル島の奪回を目指す日本軍と米豪両軍の間で、陸・海・空の全てにおいて一大消耗戦が繰り広げることとなった。
  • さらに、ガ島の奪回ならびにその後の確保に関して、海軍側には本当に熱があるのか、天皇がすこぶる憂慮しているとの杉山総長の発言がある。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • 海戦での敗北後、なおも日本軍上層部はサイパン島の奪回を検討し、第五艦隊などを輸送に使い、独立混成第58旅団などを増援部隊として逆上陸させることを計画した。
  • 軍令部もこれを受けて翌7日に参謀本部と協議を重ねたが、一航戦投入の条件として海軍側が提示した陸軍一個連隊の増援は見込めず、陸軍側もニュージョージア島の奪回に懐疑的な姿勢を崩さなかったため、結局この提案は実現を見ず、13日に中部ソロモンからの撤退が決まった。
  • 同月に日本海軍はソロモン諸島のレンネル島沖海戦でアメリカ海軍の重巡洋艦シカゴを撃沈するという戦果を挙げたが、島の奪回は絶望的となっており、2月に日本陸軍はガダルカナル島から撤退した。
  • その後、トゥーノルの暗殺者、ゴル・ハジュスに率いられたファンダル兵の一団が、ラス・サヴァスの技術と学識を欲望や犯罪の目的に悪用することなく、人類の福祉ふくしの向上に専心するという約束のもとに彼をふたたび仕事にけるべく、島の奪回をはかったが撃退されてしまった。 バローズ『火星シリーズ09 火星の合成人間』より引用
  • ボニファティウスは、先代のようにカルロ2世を前面にたてることはしなかったが、登位後7年にわたってシチリア島の奪回に意を注いだ。
  • アリューシャン方面の戦いがアッツ島とキスカ島の奪回で終息したあと、アリューシャンでの哨戒と護衛を終えたロングは9月16日に真珠湾に到着し、商船の護衛を兼ねてサンフランシスコに回航されてオーバーホールに入った。
  • 一年半前のオキナワ上陸戦で大敗をきっしてから敗戦つづきの統合防疫軍JPにとって、ボーソー半島沖合いに浮かぶコトイウシ島の奪回は絶対条件である。 桜坂洋『All You Need Is Kill』より引用
  • 「三式弾乙型」による電波妨害、陸上機であるP-39によるFS迎撃、VT信管付き砲弾による砲撃により「ノースカロライナ」「ブルックリン」「ナッシュビル」「サンタフェ」沈没などの犠牲を出したものの戦闘に勝利しルソン島の奪回に成功した。