岩田康誠に

10 の用例 (0.00 秒)
  • そして皐月賞では騎手が岩田康誠に乗り替わったものの10着に終わった。
  • なお、同じ兵庫所属だった小牧太や岩田康誠に比べてJRA移籍後の地方競馬への参戦は少なかった。
  • その後は菊花賞から大幅な距離短縮となった初の古馬との対戦マイルチャンピオンシップでは岩田康誠に乗り替わったが11着に敗れた。
  • しかし、デビューから騎乗していた武豊が3月27日の毎日杯での落馬事故で負傷したため、4月18日の皐月賞では岩田康誠に乗り替わりとなった。
  • 東京優駿1週間前に鞍上が武豊から岩田康誠に急遽変更された。
  • 一時は小牧太、岩田康誠に次ぐ3位を獲得し次代を担うことが期待されるほどであったが、その後一時期非常に大きなスランプに陥り伸びあぐねていた。
  • サマースプリントシリーズの第3戦・北九州記念で復帰し騎手も岩田康誠に乗り替わった。
  • 続く第50回宝塚記念では横山がスクリーンヒーローに騎乗するため岩田康誠にテン乗りとなった。
  • クイーンステークスから直行した秋華賞では、当初はエドガー・プラードが騎乗予定だったが、岩田康誠に変更となった。
  • 主戦騎手の武豊が、前年12月に開催された香港競馬での騎手招待競走のアクシデントで騎乗停止処分を受けていたため、半兄アドマイヤジャパンに騎乗経験のある岩田康誠に乗り替わった。