岩狸

全て 名詞
14 の例文 (0.00 秒)
  • そもそもイワダヌキという名前自体が、考えてみれば、よくわからない。 ...
  • イワダヌキには盲腸が二つあると、ものの本に書いてあった記憶があるが、イワダヌキを自分で解剖してみたことがないので、確実なことはいえない。 ...
  • 世の中には、興味を持ってもはじまらない、というタイプの動物がいるが、イワダヌキなどはその典型であろう。 ...
  • 「本物のイワダヌキ属なら、きわめて特別だわね」ヴェアリアンは締め殺されそうな声で答えた。 ...
  • ただし、そのためにイワダヌキを飼って、その胎児を調べる暇のある人など、この忙しい世の中にはいるわけがない。 ...
  • イワダヌキ属と訳されているため、なんとなくタヌキしか思いうかばないのですが、これは馬の先祖なのです。 ...
  • これらの書には、特にウサギ、イワダヌキ、ラクダ、ブタの4種の動物が上記の理由から不浄な動物として挙げられている。 ...
  • 正真正銘のイワダヌキ属なんだ。
  • イワダヌキ属のおだやかな顔つきと小さな体にかわって、牙面の原型の、直立した、傍若無人の、危険な姿が現われた。 ...
  • ヒラセウムとは、岩狸ハイラックスが尿所へする尿の水分が、蒸発した残りのねばねばした粘液で、カークはこのヒラセウムのある樹洞ほらのまえに、陥穽わなを仕掛けようとしたのであった。
  • 日本語訳では「山鼠」、「岩だぬき」、「岩狸」と翻訳されている。 ...
  • ああ、あのイワダヌキ属か?
  • 哺乳類のハジラミは有袋類、霊長類、齧歯類、食肉類、イワダヌキ類および有蹄類に寄生し皮膚の分泌物や垢を食べているが、トリハジラミほど多くはない。 ...