岡田企画

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 「東映温泉芸者シリーズ」は全作品とも岡田企画で、タイトルも全て岡田の命名。 ...
  • この岡田企画は間もなく本格化する東映ポルノのコンセプトそのままであるが、橋蔵はこの企画には気乗り薄だったといわれ、オファーを受けることはなかった。 ...
  • 前述のように最初は、閻魔大王と首切り浅があの世で残酷対決をする岡田企画の『地獄』が予定され、充分な予算も与えられていたが、さらに金がかかり過ぎるとこれはボツ企画となった。 ...
  • 岡田茂は急速に東映京都を自己の統制下に置きたいと企図し、1964年後半からほぼ全て東映京都の作品は岡田企画に塗り替えられた。 ...
  • 東映は同じ岡田企画で1968年から男の番長映画の元祖といわれる『不良番長』シリーズを製作したが女番長映画では他社に遅れをとった。 ...
  • 任侠映画は勿論、「集団抗争時代劇」も1964年後半以降は全て岡田企画となる。 ...
  • 業界関係者から「よくもまあ次から次と任侠路線が続くものだ」と揶揄され、岡田企画本部長は「兎に角、もうダメだ、もうダメだといわれながらも作れば客が来るんだから止めるわけにもいかんよ」と開き直ったが、この飽きられた任侠路線に活を入れたのが若山だった。 ...
  • 東映での監督作は1968年のお盆映画『怪猫呪いの沼』と本作のいずれも岡田企画の2本で、本作が最後の映画監督作。 ...
  • 岡田企画で脚本も鈴木&掛札コンビなら、本来はもう少しポルノ度を押し出したかったと見られるが、ひたすらアクションのみを求道し、禁欲的であろうとした志穂美がその波を押し返してしまい、その禁欲的純粋さに観客は熱狂したとする見方もある。 ...
  • 徳島県内でOKスポーツクラブを運営している岡田企画が石井町から受託を受け運営しており、また命名権を四国銀行が取得しており、「OKいしいパーク 四銀いしいドーム」の名称で運営されている。
  • 岡田が京都撮影所長就任前からやっていた「集団抗争時代劇」は継続させ、橋蔵の人気回復を試み、新たに岡田企画で『地下室のメロディー』の翻訳時代劇『御金蔵破り』や、流行の残酷描写を取り入れた『幕末残酷物語』などを作らせたが、これらは作品の評価は高くても興行は振るわず。 ...
  • 女優やスタッフを容赦なく扱う石井監督と営利追求だけの映画製作を続ける岡田企画製作本部長に不満を抱く助監督一同が本作撮影中の1969年4月14日、京撮の組合掲示板に声明文を貼り出す事態となった。 ...
  • 本作公開の後、岡田企画だった『実録三億円事件 時効成立』の打ち合わせで、岡田宅を訪れた坂上に岡田は「『新幹線大爆破』は俺の売り方が悪かった」と謝ったという。
  • 本作の後は岡田企画による東映京都に於ける任侠路線第一作「博徒シリーズ」第一弾『博徒』と『集団奉行所破り』に抜擢された。 ...
  • thumb|240px|right|TOKスポーツクラブ岡田企画株式会社は、徳島県徳島市幸町に本社を置くスポーツクラブ及びホテル運営を行なっている企業。