岡崎城主

58 の例文 (0.01 秒)
  • 藤田家の先祖が郷山の岡崎城主であったことから岡城館の名称になった。 ...
  • 家康の天下取りの野心は、岡崎城主であった時からのものである。 ...
  • その後田中吉政が岡崎城主になると、田中は城の用材のため建物や石垣を壊した。 ...
  • 世良田元信は、岡崎城主の松平元康に協力し、各所で織田勢と戦っていた。 ...
  • 父・吉政が岡崎城主の頃、西尾城を治めたという話もある。 ...
  • 麓には岡崎城主藤田山城守の祈願所であった薬師堂があり中腹には鉾前神社がある。 ...
  • 岡崎の城下町を整備した岡崎城主田中吉政が、町家を建築する材木を伐り出した場所から由来するという説がある。 ...
  • また、後に松平宗家の居城の岡崎城主を務めたため、祖父・松平広忠同様に岡崎 三郎と名乗った。 ...
  • 三河岡崎城主・松平広忠に仕え、その嫡子であった竹千代の側近に附属させられた。 ...
  • もともとは関山神社奥宮などがある北の明神山山麓に集落があったが、1590年に豊臣秀吉家臣だった岡崎城主田中吉政により南に移転された。 ...
  • 元亀元年に正式に岡崎城主となる。 ...
  • 天正19年に、当時の岡崎城主田中吉政が城西の沼地であった当地を埋め立てたと伝えられており、沼田に由来するとしている。 ...
  • それを元康と改めたのは、祖父松平清康の英名を慕い、やすの一字を継いだものらしく、三河岡崎城主の若殿としての、一歩前進と見られなくもない。 ...
  • 新たに三河国岡崎城主となった田中吉政によって破却されたが、慶長6年に本多康重が城主となると再建された。 ...
  • いずれにしても、村岡論文によって江戸時代以来疑われることがなかった「天文6年に岡崎城主になってのち同18年に没するまでの間に今川義元の配下になることはあっても、この間ずっと岡崎城主としての地位は保ち続けた」とされてきた松平広忠像が覆されることになり、その根本的な見直しを迫られることになった。 ...
  • 世良田元信を松平元康と改名した人物は、いまはこの世になき岡崎城主松平元康の正妻築山殿つきやまどのを形式上の妻とした。 ...
  • 「そのときは岡崎城主にお取り立てのほどをお願い申し上げます」 甚左衛門は当り前だという顔で云った。 ...
  • 次へ