山葵

全て 名詞
160 の例文 (0.01 秒)
  • 山葵わさびの利いていないやすけなんていったい、人間の食べるものなのだろうか。 ...
  • 駅前の土産物屋で、六七本一束日本金四百円の阿里山山葵わさびを売っていた。 ...
  • 彼らはまた朝早くから四里も五里も山の中の山葵沢わさびざわへ出掛けて行く。
  • 蚊のいない夏は山葵わさびのつかないたい刺身さしみのようなものかもしれない。 ...
  • 谷畑から採って来た鮮かな山葵わさびの束が縁につけてあるのがくんくん匂う。 ...
  • 山葵や椎茸にはどんな水や空気や光線が必要か彼らよりよく知っているものはないのだ。 ...
  • そうしてそれが麦酒ビール山葵わさびよりも人間らしい好い匂のように思われた。 ...
  • 最近では逆に、寿司の山葵わさびくらい不可欠なものに感じられるほどだ。 ...
  • 「汁に溶かしたほうが本山葵ほんわさびの香りが立ちます」弱ったことになった。 ...
  • それを見て山葵を食べたがらない子供がいるだろうか? ...
  • 大東館のきこっちの大きな山葵わさびの看板を見ましたか、郵便局は。 ...
  • さて私は、伊那町に入るまでにいくつもの山葵畑を見た。 ...
  • 同じ山葵でもそういう違いがあるそうだ。 ...
  • 山葵をおろすのに多用され、山葵以外の食材に利用することはほとんど無い。 ...
  • 山葵の花は細い莖のさきに小さく白く咲きはじめてゐた。 ...
  • 少くも刺身さしみに対する山葵わさびくらいの役をするのではなかろうか。 ...
  • それは山葵を近づけると涙を流すように、セットされた時計仕掛けの人形のようだった。 ...
  • 次へ