山紫水明

全て 名詞
53 の例文 (0.00 秒)
  • また2019年には2両が「山紫水明」シリーズとして改造を受けた。
  • 村内に鉄道路線なし朝日村は大自然豊かな山紫水明の地である。 ...
  • そのあたりは、まったく山紫水明としかいいようのない、静かな、美しい所だった。
  • 玄徳は、ここの山紫水明にも、うしろ髪を引かれてならなかった。 ...
  • 文政11年には文房を造営し以前の屋敷の名前をとって「山紫水明処」とした。 ...
  • また、当地区は山紫水明の地で水清く、酒造業、木工業も行われてる。 ...
  • かくて趙の長者と馬を並べて、魯達が山紫水明な七宝村へ入ったのは次の日のことだった。 ...
  • かつての京の町衆たちは、古き都でありながら山紫水明さんしすいめいの美しい景観を守ってきた京都に、強いプライドを持っていたことだろう。 ...
  • 実際には、山紫水明処の北辺に吉田屋が、吉田屋の北辺に清輝楼があった。 ...
  • 外部塗装は 白をベースに山紫水明の沿線に調和させた橙色、青色のデザインとされた。
  • もとより山紫水明の地なるにこしたことはなけれども、なお重要なるは人間の生める学究の雰囲気なり。 ...
  • 釈迦しやかさまによる仏教発祥の地は山紫水明のすばらしいところと想像していたんですけど、行ってみると、森林のまるでない半砂漠状態なんですよ。 ...
  • 東三本木に頼山陽の書斎である「山紫水明處」が保存されている。 ...
  • 山紫水明な京都の風物が、男の体へ女性の一部分を吹き込んで仕舞ったと云うような体つきをし、言葉をして居る。 ...
  • 彼らの意識の根底には雅俗認識を主な価値基準とする人間観・世界観があり、風雅を求め山紫水明を愛する気風が生じてくる。 ...
  • 自分たちの住んでいるところは山紫水明で、春になれば桜の花が咲いてと習うわけだけれど、現実の周囲は見渡す限り何の突起物もない荒野なんだ。 ...
  • しかしながら山紫水明を誇る山梨県の河川の中では、今もなお水質汚濁ワースト河川である。 ...
  • 次へ