山崎重暉

全て 名詞
6 の例文 (0.00 秒)
  • この頃の「伊24」の属す第三潜水隊は第一潜水戦隊司令官・山崎重暉の指揮下にあり、第二監視部隊として付近の監視を行い、10月初旬に整備を受けた後、再び散開線に就き、28日には戦艦を雷撃したが命中はしていない。 ...
  • 第二潜水戦隊司令官山崎重暉大佐を指揮官とし、第7潜水隊、第12潜水隊と潜水母艦長鯨で編成された部隊は、南洋諸島配備の第四艦隊を敵艦隊に想定した。 ...
  • 当時の潜水学校校長は山崎重暉で、川島は同期生と卒業の挨拶に山崎家を訪問し、山崎は前途の厳しさを予測しつつ川島らの壮途を祝った。 ...
  • なお、ギルバート諸島の戦いにおける戦訓をふまえ、1944年2月、山崎重暉海軍潜水学校長は、厳格な指揮統制による従来の散開線用法は現状に適合していないなどと批判する意見書を配布したが、上級司令部からは統帥を乱す行為であるとして受け入れられなかった。 ...
  • 「八雲」の艦長は山崎重暉しげあき大佐であったが、ヒロに停泊中、同艦乗組の三等水兵佐藤萬里夫まりおが脱走して行くえ不明となった。 ...