属する

全て 動詞
21,275 の用例 (0.02 秒)
  • 私は私の仕事がモスクワのいかなる機関に属するかは教えられなかった。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • 従って以上の出来事は、みな私の見ることの出来なかった事実に属する。 河上肇『御萩と七種粥』より引用
  • それは英国空軍に属する警備飛行団が飛行しているのだと思ったであろう。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • ホワイト・ファングはすべての犬どもと同様人間に属するものであった。 ロンドン/山本政喜訳『白い牙』より引用
  • 従ってこの種類に属する人間とはどうしても見る事は出来ないのです。 浜尾四郎『彼が殺したか』より引用
  • 自分が属する天中殺は、自分を成長させるために天から与えられたもの。 高尾学館『天中殺占い』より引用
  • こぶしを合わせてみてあらためて確信かくしんしたが、連中はプロの中でも一流にぞくする。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 05』より引用
  • その数日をいま消化して、それぞれの属する世界に別れ帰って行くのだ。 森村誠一『恐怖の骨格』より引用
  • 組合に属することで、魔術師の素性や実力は周囲に知られることになる。 西東行『鳥は星形の庭におりる』より引用
  • そんな症状を抱えていると、なかなか社会的な組織には属せないからね。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • 著名人物に交際を求める男女の恋愛心理といったものが、これに属する。 直木三十五『大衆文芸作法』より引用
  • その程度は日本の諸都市中で最もみじめな部分に属するほどであった。 葉山嘉樹『海に生くる人々』より引用
  • 彼は流刑地の住民でもなければ、この流刑地が属する国の国民でもない。 原田義人『流刑地で』より引用
  • それでもみんなが主人に属するものだ、ということはたちまち会得した。 ロンドン/山本政喜訳『白い牙』より引用
  • クラブを持っている工場又はその生産別職業組合に属するものだけ入れた。 宮本百合子『三月八日は女の日だ』より引用
  • だからこれは一方に於て自然に属すると共に他方に於て社会に属する。 戸坂潤『辞典』より引用
  • そして両者の接触面では、両者に属する物質がともに消滅しはじめた。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ2) グレー・レンズマン』より引用
  • その象徴主義の発見は、西洋に於て極めて尚最近のニュースに属する。 萩原朔太郎『詩の原理』より引用
  • この点でも、インド文化圏に属する真臘や扶南や盤盤とはまったく異る。 澁澤龍彦『高丘親王航海記』より引用
  • かかるものとしてそれは単に私に属することなき超越的なものである。 三木清『解釈学と修辞学』より引用
  • 次へ »