属す

全て 動詞
2,722 の用例 (0.01 秒)
  • たとえば子といえども独立した一個の人間である以上は神に属している。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • 彼女が生まれた家の家柄であり、彼女の属している階級の伝統であった。 佐左木俊郎『街頭の偽映鏡』より引用
  • 彼はもう地球でも太陽系でもなく銀河系宇宙全体に属しているのである。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ1) 銀河パトロール隊』より引用
  • 同じ政治団体に属してゐたけれども、二人は少しも親しんでゐなかつた。 菊池寛『真珠夫人』より引用
  • 彼女のたましいは、おそらく永遠にエドガーのもとに属しているのだろうから。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第18巻 魔都に誘われた新婚旅行』より引用
  • 加えて、両方に属させる記事もたくさん出てきてしまいそうに思います。
  • すなわち都市と村であり、これら自治体に属さない郡域は郡区に属する。
  • 英米法の伝統にも大陸法の伝統にも属さない「第三の法圏」と呼ばれる。
  • ぼくはボルジア家の連中とは別の心理的カテゴリーに属しているからね。 ダイン/井内雄四郎訳『ベンスン殺人事件』より引用
  • また、これまでに考えられた分類に属さない番組が生まれることもある。
  • これが組織に属していたら、いいたくてもいえないことがあるはずである。 養老孟司『無思想の発見』より引用
  • 日本の大部分の地域がこのパターンに属していたのではないだろうか。 竹内久美子『パラサイト日本人論 ウイルスがつくった日本のこころ』より引用
  • 同時にやはり反乱軍に属していたのだから三人の戦友ということにもなる。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 主人公はず病気になることによって自分が属していた部隊から離れる。 大岡昇平『野火』より引用
  • 自分が本当に属している別な世界を知ってしまったいま、それはできない。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • 現存在は存在を理解している、つまり存在理解は現存在に属している。 細川亮一『ハイデガー入門』より引用
  • その代わりこの趣は彼ら作家のいまだかつて知らざる興味に属している。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • 僕はこれまでどんな組織にも属さず自分ひとりの力で生きてきました。 町田康『パンク侍、斬られて候』より引用
  • 企業や国家といった大きな団体に属してない人間は、信頼されないからだ。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • ブルック卿と同じ階級に属しているふりをすることはできそうにない。 フィルポッツ/井内雄四郎訳『闇からの声』より引用
  • 次へ »

属す で始まる単語