屋台骨

全て 名詞
277 の例文 (0.00 秒)
  • これだけの屋台骨を張っていながら、金子がねえとはよくぞ申したなァ。 ...
  • これらの機関車は運行の屋台骨となり、今でも多くの列車で利用されている。
  • これだけの屋台骨をしょっていて、甚兵衛さんの借りがいくらあるんだ。 ...
  • 欠けてる部分を猫でおぎない、夫婦の屋台骨が崩れないようにしている。 ...
  • こんな状態があと数年続けば、GMといえども屋台骨が揺らいでしまう。 ...
  • 現在は邦楽の楽譜が大量に出版され、出版業務の屋台骨を支えている。 ...
  • 幕府の屋台骨、武家支配の世の中にひびが入って来た感じは疑い得ない。 ...
  • 屋台骨のしっかりしている家らしいと、半七はひそかに思った。 ...
  • 黄金期の屋台骨として活躍するも、メンバー間の対立もありグループを脱退。 ...
  • こんなデツカイ屋台骨やたいぼねをしやがつてかね千両せんりやう一万両いちまんりやういとははさぬぞ。 ...
  • 雨漏あまもりを放置しておけばそこから屋台骨がくさり始めることにもつながるんだ。 ...
  • あの幸吉がいるあいだ、この筆屋の屋台骨やたいぼねは小ゆるぎもしますまい。 ...
  • ヤマトの心臓部・土台ともいうべき機関室から、その屋台骨を支える。 ...
  • その倉庫の屋台骨はどこからでも見わけられるような気がした。 ...
  • インテルは過去何度か事業の屋台骨を揺るがすような危機を乗り越えてきました。 ...
  • いくらいそがしいか知らねえが、これだけの屋台骨をはっていやがるんだ。 ...
  • いまでこそ国家の屋台骨やたいぼねがガッタガタだったと明らかになってるんですが、当時はそうは思われていなかったんですね。 ...
  • 次へ