屋上屋

22 の例文 (0.00 秒)
  • 屋上屋を承知の上で、いま引用した詞の内容をあえて箇条書きにしてみる。 ...
  • 之れを以て今の作家に擬するは屋上屋を架するの愚を演ずるものにはあらざるか。 ...
  • おれは、こどもたちに専門家としての情報や解釈を口で与えて屋上屋を重ねるようなことはしたくない。 ...
  • 屋上屋をかさねることになるんじゃないんですか。 ...
  • もし論文が発表されると、屋上屋を重ねた自分たちの学説がくつがえり、収拾がつかなくなるからである。 ...
  • この書は、たしかに、屋上屋おくじょうおくみたいな書物しょもつである。 ...
  • 建物の階数における略式表示で屋上屋1階は「P1」と表記される。 ...
  • 屋上屋を重ねるようだが、見ている人がすべて、北京語を耳で聞いて了解するとは限らないから、仕方がないらしい。 ...
  • 「現場に行って、正確な高さを聞くより方法はないだろう」 葛木は、屋上屋を重ねて、いまにも富士山の上に出そうに見える勢いで足場を組んでいるホテルを凝視ぎようしした。 ...
  • すでにこれらの名訳がある上に、さらに新しい訳を出すのは、屋上屋を架するきらいがないでもないが、戦後の日本語の激しい変わり方を考えると、新しい教育を受けた青年諸君のための新訳を試みるのもまんざら意義なしとはいえないだろう。 ...
  • このほか扶養については民法877条以下に具体的規定が置かれていることから、本条については、877条があるにも関わらず屋上屋を架するようなものであるとの見解があり、そもそも裁判所が本条を根拠に「扶け合え」と命じた場合にどのような執行をなしうるのか不明であると疑問視する見解がある。 ...
  • 僕が今さら屋上屋を重ねる必要もあるまい。 ...
  • これは、「屋上屋を重ねる」ということだと思うが、むしろ「床下に床を重ねる」というべきか。 ...
  • もし之を許せば、モラルはペチャンコな酒の粕のようなものになるし、批評は無用に屋上屋を重ねた理論でしかあり得ない。 ...
  • すでに諸家のすぐれた訳業がある本書に、屋上屋を架するにも及ぶまいと思わぬでもなかったが、これまでヴェルヌは、率直に言って、不十分あるいは偏頗へんぱな紹介しかされていないきらいがあるので、この文庫で新訳を出すことに多少の意味があろうかと考えたのはそのためである。 ...
  • 加治木、坂野らは共同証券があるのに証券保有組合を作れば屋上屋を重ねることになり、新たな資金負担はさらに業界の体質を弱めることになるというのであった。 ...
  • 焼け残った土蔵を二階建てのアパートに改造し、屋上屋というかペントハウスと申すべきか、さらに掘立小屋をのせた一軒、部屋数四つ、風呂が付いて家賃五万円。 ...
  • 次へ