屋しき

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • ええ、お屋敷やしきの屋根から落ちたって、何も声をあげたりしないんだから! ...
  • ホームズはゆっくりと歩きながら、屋敷の構造に鋭い注意を向けていた。 ...
  • 高松さんの屋敷では槍を教えるので、毎日十四五人の弟子が通ってくる。 ...
  • 今はもう死んだように動かなくなったこの時計屋敷の大時計の機械らしい。 ...
  • 木の下からはギャツビーの広大な屋敷のほかに見るべきものがなかった。 ...
  • 屋敷のポーチでは金のかかっている贅沢品が綺羅星きらぼしのように輝いていた。 ...
  • それは今日まで外部には全く知られていない、この時計屋敷の秘密であった。 ...
  • そんな日には、あの大屋敷の窓は、殊にも居心地よさそうに見えました。 ...
  • 屋敷をしくじったと云っても、別に悪いことをしたと云うのでもない。 ...
  • 例によつて屋敷は幾棟にも分れ、食堂にあてられた一室に私は案内された。 ...
  • 僕がいなくなっても、あれだけの屋敷と財産があれば一生食うには困るまい。 ...
  • この左内村さないむらの東はずれにあたる山腹に、昔からこの時計屋敷が見られた。 ...
  • そして、いしかぞえては、またふえきながら屋敷やしき外側そとがわあるいていました。 ...
  • こうして足かけ五年を送る間に、彼の家は空屋敷のように荒れてしまった。 ...
  • 江戸の屋敷にいるはずのお島がどうしてここらを歩いているのか。 ...
  • 庄吉 力彌さんのお屋敷へ、小浪が先廻りをしてゐるには驚きましたな。 ...
  • ついでだから、屋敷のまわりでもまわって、今夜の下見をしておおきよ。 ...