届けるとき

9 の用例 (0.00 秒)
  • あの場所に物を届けるときは、雷撃訓練を装うことになっている。 富永浩史『スフィア ―哀しみの青想圏―』より引用
  • 長官に郵便物を届けるときにはかならずその手紙を一番上に載せておくと、上機嫌だった。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(上)』より引用
  • レーマン・ストリートの分署に届けるときに僕が行き合わせた。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • 林軍楽兵は、作戦中止命令が出たあとの重くるしい雰囲気より、次々と悲壮な電文を届けるときのほうが切なかった。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(上)』より引用
  • あとで花を届けるときに会えるよ。 野尻抱介『クレギオン 7 ベクフットの虜』より引用
  • 淡海公は海女に この地にきた目的は、唐の高宗から下賜された宝物『面向不背の珠』を興福寺に届けるときに志度湾沖で嵐にあい紛失し、それを探しだすことだと語る。
  • 何も人間を届けるときまで、とヒルデは思うが、理屈でいえばだからこそ、今回はより徹底的てっていてきに雷撃でなければならない。 富永浩史『スフィア ―哀しみの青想圏―』より引用
  • 次女エマ以外は大杉・伊藤の死後、伊藤の実家に引き取られて、戸籍を届けるときに改名されたものである。
  • 会津の殿様からいただく月々のお代物や、手柄のたんびに土方先生から手渡されるご褒美を三条室町の鍵屋に届けるとき、わしはいつも浮かれ上がるほど嬉しがった。 浅田次郎『壬生義士伝 上』より引用