届けるつもり

16 の用例 (0.00 秒)
  • たとえばだね、初めはすぐ僕に届けるつもりでポケットに入れた。 綾辻行人『鳴風荘事件 ―殺人方程式Ⅱ―』より引用
  • 空巣狙いに入られたことを、警察に届けるつもりはまったくなかった。 勝目梓『炎』より引用
  • 大きな青い封筒を手にしているところをみると、きっと誰かに手紙を届けるつもりだろう。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • そのスタッフに大福を届けるつもりにしている。 山口瞳『草競馬流浪記』より引用
  • いや、あのあと確かに最寄りの交番に届けるつもりだったのだが、立ち寄ってみると誰もいなかった。 芦辺拓『月蝕姫のキス』より引用
  • ローラにプレゼントを届けるつもりでやってきたスコットは待ち伏せていた警察に逮捕されてしまう。
  • この先の帰り道にある交番に届けるつもりだった。 芦辺拓『月蝕姫のキス』より引用
  • 邦子には、警察へ届けるつもりは、さらさらないようだった。 赤川次郎『冬の旅人』より引用
  • 今日、これから会社に届けるつもりなの。 夏石鈴子『家内安全』より引用
  • たまたま、帆船の入港先であった横浜で少々の買い物をしたので、それを方月館に届けるつもりであった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 29 初春弁才船』より引用
  • ところでひろみ、あんた、今、仮に三億の収入があったとしたら、何て税務署へ届けるつもりだい? 新井素子『グリーン・レクイエム』より引用
  • 知人に届けるつもりで車内のポリバケツに入れておいた淡水魚のタナゴ六十尾ちかくが衝撃で絶命してしまった。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • しかしこのたびはカーターのときとはちがい、姿をあらわさないぎ手たちは、月ではなく古さびたサルコマンドを目指し、明らかに捕虜を名状しがたい大神官のもとに届けるつもりでいるようだった。 ラヴクラフト全集6『09 「未知なるカダスを夢に求めて」』より引用
  • 一枚はお父さまに、一枚はアルベルトとロッテ姉さんに、ウェルテルさんにも一枚、元旦の朝、兄さんたちが届けるつもりなんだよ、とその子が内緒話をしたのでした。 ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • 警察に届けるつもりで。 ガードナー/池央耿訳『緋の接吻』より引用
  • 重見氏へは本棚のかわりにバターを届けるつもりでいて遅れていたところ、この日ハガキで本棚郷里で必要故返してほしいと言って来たので、貞子そちらへもまわる。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用