屈託のない笑い声

17 の例文 (0.00 秒)
  • ぼくも、兄の戦死のことなんかすっかり忘れて屈託のない笑い声を立てた。 ...
  • 子供たちの表情は明るく、屈託のない笑い声が昼近くの公園に響いている。 ...
  • 「謹厳実直はよかった」 はる子は屈託のない笑い声を途中で止めた。 ...
  • けれども別れのキスと以前より屈託のない笑い声を発して、彼らは私の前を通りすぎて永遠の航海へと出発する。 ...
  • この時は私もその場に居合わせたのですが、彼女たちの屈託のない笑い声に、救われたような気がしました。 ...
  • 六尺豊かな若者は、仲間と屈託のない笑い声を交している。 ...
  • 子供のように屈託のない笑い声だった。 ...
  • 浅川は別に腹を立てるわけでもなく、笑わずにいられない吉野の気持ちを考えながら、屈託のない笑い声を黙って聞いていたのだった。 ...
  • 「梅雨は上ったんですか」 気を変えるように訊いた三重子へ、静子が屈託のない笑い声で答えた。 ...
  • 相手を安心させる屈託のない笑い声。 ...
  • 「だってさあ、いっしょにいると、こっちまで若返るような気がするんだもん」 「なに年寄りみたいなこと言ってんの」 けらけらと屈託くったくのない笑い声をあげる。 ...
  • 景子はまた屈託のない笑い声をあげた。
  • 神さまもごぞんじのように、葬式というものは、たしかに悲しい行事ではあるが、いつもそのあとでは多少の酒とさかなが出るし、卑猥ひわい駄洒落だじゃれも屈託のない笑い声も聞かれるのである。 ...
  • 「あっはっは」 浩三は屈託のない笑い声をあげる。 ...
  • 原色のTシャツと短パン、青春の盛りの充実した身体、明るい屈託のない笑い声、彼らの身辺だけがまぶしい輝きに充ちて忍び寄る夕闇ゆうやみをはね返しているようであった。 ...
  • 屈託のない笑い声、可憐な表情。 ...