居心地の良い場所

17 の例文 (0.00 秒)
  • 人が故郷をなつかしく思うように、住みなれた家ほど居心地いごこちの良い場所はない。 ...
  • ところがそこはなかなか居心地の良い場所なのである。 ...
  • 私にとって、最も居心地の良い場所とは、まちがいなく大学の研究室である。 ...
  • アトラスと地上を自由に往復するペルディックスは常に居心地の良い場所にいる。 ...
  • 別に居心地の良い場所って訳じゃない。 ...
  • 基本的に、居心地の良い場所ではその力を十分に発揮でき、居心地の悪い場所ではその力を十分に発揮できないとされる。 ...
  • あの集落は居心地の良い場所だった。 ...
  • マクシミリアンの居間は、洗練された家具に囲まれた、居心地の良い場所だった。 ...
  • それは、とても居心地の良い場所だった。 ...
  • この時だけでも儀礼的に一堂に会していた人々が、終わるやいなや、居心地の良い場所を探して散りはじめた。 ...
  • また、ヴァイマルの宮廷はカール・アウグストの母であるアンナ・アマーリアの影が残り、若いルイーゼにとって居心地の良い場所ではなかった。 ...
  • ナイメーヘン・カトリック大学に進学し、1931年に卒業したものの、少年期に教会を離れたレーリンクにとって、刑法を批判的に見る傾向が強かった同大学は居心地の良い場所ではなく、在学中には大学側から追放されかけた事もあった。 ...
  • その男、スティーヴンはヴィックの経営する食堂で働き始めるが、そこではホラスという乱暴な男が我が物顔で振舞っており、決して居心地の良い場所ではなかった。 ...
  • 黄色のレンガ道は金銀複本位制を、ドロシーを居心地の良い場所へ連れていってくれる銀の靴は人民党の金銀複本位制への方針を表現している。 ...
  • カーリンとカールの夫妻は、1888年にリッラ・ヒュットネースに移り住むと、暮らしやすく居心地の良い場所にするために改装と増築を重ねた。 ...
  • ミルク色のもやが立ちこめる、あたたかで居心地いごこちの良い場所にのんびり寝そべって、気ままに転がってみたり、まだ生えそろっていない羽根をそわそわ伸ばしてみたりする。 ...