居合わせる

全て 動詞
120 の用例 (0.00 秒)
  • もちろん自分が死んだ可能性も、居合わせた全員が死んだ可能性もある。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • なぜその場に居合いあわせたわけでもないのにそんなことが断言だんげんできるのか。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ02 金狼の住処』より引用
  • 酒場でたまたま隣に居合わせた他人から聞いた話と変わりはないだろう。 森博嗣『少し変わった子あります』より引用
  • 少佐は私を妻に紹介してから、居合わせたすべての客に私の名を教えた。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • その場に居合わせている者全員がはげしい興奮状態にあるように見える。 バローズ/佐藤高子訳『ペルシダーに還る』より引用
  • 知っているどころではない、彼はその現場に居合わせていたのであった。 山田風太郎『警視庁草紙(下)』より引用
  • 老人が下りてきたときには使用人が数名、現場に居合わせてましたから。 三上於菟吉『ライギット・パズル』より引用
  • 出演者たちだけでなく、スタジオに居合わせた者たち全員が、彼を見た。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 私はその場に居合わせたように、どんなことが起こったか知っております。 クリスティ/松本恵子訳『青列車殺人事件』より引用
  • たまたまこの場に居合わせて、自分に関係ない話を聞いているかのようだ。 シムノン/長島良三訳『メグレと老外交官の死』より引用
  • 居合わせた客も、チラッと目を上げただけで、気にもしていないらしい。 赤川次郎『やさしい季節 上』より引用
  • まるで邸内に誰一人として居合わせないかのような沈黙ぶりである。 虚淵玄『鬼哭街』より引用
  • 居合わせたわたしも、なんとなく式のお手伝いをすることになりました。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • もしそこに人が居合わせたら、そのことをも不思議に思ったかもしれない。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 周囲に居合わせた女性客が悲鳴をあげ、なにごとかと視線が集まった。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • その場に居合わせて娘の姿を見た一人、古屋敷徳平という人の話である。 柳田国男『遠野物語 付・遠野物語拾遺』より引用
  • 受話器をとったのは番頭だったが、居合わせた主人がすぐに替ってでた。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 将田の説明を居合わせた十人余の人間は、固唾かたずを飲んで聞き入っている。 姉小路祐『殺意の法廷』より引用
  • 車のエンジンの音がしたので居合わせた全員が思わず顔を見合わせた。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • 当然のことながら、あなた自身も現場に居合わせることになっていました。 クリスティ/能島武文訳『ABC殺人事件』より引用
  • 次へ »