居住用不動産

11 の例文 (0.00 秒)
  • 居住用不動産に関わる投機的な借入がサブプライム住宅ローン危機の根本原因の一つとして挙げられている。 ...
  • 一般的には居住用不動産、自動車、家具、職業上必要な書籍や道具等が含まれ、それぞれに上限額が定められることが多い。 ...
  • また、債務者が、害意をもって、申立前10年の間に除外財産でない財産を処分して居住用不動産の価値を増加させた場合にはその増加分は除外されない。 ...
  • この資金の利用が可能な居住用不動産を有する高齢者世帯等については、本貸付金の利用を生活保護に優先させ、貸付の利用中は生活保護の適用を行わないこととされた。 ...
  • 害意の有無にかかわらず、申立前1215日間の間に増加した居住用不動産の価値で12万5000ドルを超える部分についても除外されない。 ...
  • 主たる業務は、建物所有者から居住用不動産を一括して借り上げ、定額賃料を保証して支払うサブリース業務である。 ...
  • 主な居住用不動産、収集品、消費財、および耐久消費財を除き、100万ドル以上の投資可能資産を所有する世帯を富裕層と定義している。 ...
  • RBCウェルス・マネジメントなどの調査による富裕層の定義は、主な居住用不動産、収集品、消費財、および耐久消費財を除き、100万ドル以上の投資可能資産を所有する世帯としている。 ...
  • 内訳は、商業用不動産が13億ドル、居住用不動産が4億1000万ドル、会員制施設が8億6600万ドル、その他共同所有の不動産が9億4000万ドルとなっている。 ...
  • 都心の居住用不動産を投資対象とするレジデンス特化型REITのFCレジデンシャル投資法人と、主に首都圏のオフィスビルを投資対象とするオフィス特化型REITのいちご不動産投資法人が2011年11月1日付で合併し、総合型リートへ転換。