居住又は独自

7 の例文 (0.00 秒)
  • 人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできることは、その離島について排他的経済水域や大陸棚を確保するための要件でもある。 ...
  • この項では領海や接続水域については触れておらず、それ故「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩」であっても、領海、接続域についてはその起点を定めるうえで「領土」として扱うこと事ができると条文上から解釈が可能である。 ...
  • ただし次の第3項で定義される「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩」は、排他的経済水域及び大陸棚の起点を定めるうえで「領土」として扱われないことを 前提として定めているものと解釈できる。
  • ただし、上記の条件を満たしても、人間の居住又は独自の経済的生活を維持することができないものは岩とされ、排他的経済水域、大陸棚を有さないとされる。 ...
  • 本条約では人工島は島としての地位を有さないとし、「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩」に対しては、「岩」独自の排他的経済水域や大陸棚を認めないとした。 ...
  • また「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできる岩」は領海、接続水域、排他的経済水域及び大陸棚の起点を定めるうえで「領土」としての扱いを受けることができると論理学上の解釈が可能である。 ...