居住まい

全て 名詞
177 の例文 (0.00 秒)
  • そして雲が空を動くたびごとに、山は居住まいを直したかのように姿を変える。 ...
  • 女将も何か重大なことだと感じたらしい、蒲団の上で居住まいを正した。
  • ようやくのことで唾を呑みこんで、居住まいをなおしながら下を向いた。 ...
  • 後藤や富永も、さきほどまでとは打って変わって居住まいを正している。 ...
  • 普段から居住まいを正しくし、僕妾の前でもだらしない様子をしなかった。 ...
  • だが、次に発せられた言葉を聞き、ハルユキはあわてて居住まいを正した。 ...
  • 居住まいこそ物静かにしているが、瞳には狂おしいような光がある。 ...
  • 常磐暁子は背筋のピンと伸びた居住まいで、ソファに腰を下ろしていた。 ...
  • 機械の身体を持つ少女は、金髪を揺らして居住まいを正すと、口を開いた。 ...
  • 自然と相手の居住いずまいを正させる、例の厳しい瞳をしていた。
  • だらっと座っていた王が、思わず居住いずまいを正すほどの迫力があった。 ...
  • 加納は灰皿に煙草を押しつけ、両手で煙を払ってから居住まいを正した。 ...
  • ようやく私が居住まいを正したのと、男が私の部屋に入ってきたのは同時でした。 ...
  • 客と一緒にいる時はまあまあだったが、一人になって坐ると一見して居住まいは堅気には見えなかった。 ...
  • 上がり座敷のふちに座って居住いずまいを正しながら、青年は祈るように思った。 ...
  • その先へ読み進んで、朝子は涙も渇いた二つの眼をみはって居住まいをなおした。 ...
  • 「矢島さんはおれのことを買いかぶってますよ」 おれは居住まいを正した。 ...
  • 次へ