居住の自由

全て 名詞
19 の例文 (0.00 秒)
  • 新憲法によってわれわれは居住の自由を認められているのよう。
  • 私有財産もなければ、職業の自由、居住の自由、妻を選ぶ自由さえもない。 ...
  • 通商・居住の自由、租税免除、身体・財産・企業の安全などを保障した。 ...
  • 土地所有が禁じられていたユダヤ人たちに居住の自由が与えられたため、それまで縛り付けられていた地方の町を比較的簡単に離れることができたのである。 ...
  • 土地所有が禁じられていたユダヤ人たちに居住の自由が与えられたため、それまで縛り付けられていた土地から簡単に離れることができた。 ...
  • ユダヤ人は居住の自由を獲得し、もはや法的にもゲットー居住を強制されなくなった。 ...
  • この際、ユダヤ人の間にはゲットー外で暮らすのが既成事実化して居住の自由が認められるかもしれないという期待が広がったが、結局1716年にはフランクフルト市内の全てのユダヤ人は全員ゲットーへ戻るよう命じられた。 ...
  • ユダヤ人には長期滞在と居住の自由、生業が保障されていたが、市政への参加は認められなかった。
  • はじめプラハのユダヤ人は居住の自由や商業活動の自由が認められていたが、1215年の第4ラテラン公会議の影響により厳しい制限が課せられるようになり、プラハのユダヤ人はユダヤ人通り以外で暮らすことはできなくなった。 ...
  • この移動と居住の自由は同時代の植民地帝国や近代国家にみられない特性であり、非ヨーロッパ系住民でも自己利害のために有効に活用できた。 ...
  • 百姓は蓄積した経営資源たる動産を背景にして請作面積に応じた納税責任を負うが、移動居住の自由を有する自由民であった。 ...
  • 彼らの多くはアメリカ人でありながら、日系であるというだけの理由で、合衆国憲法の保障する居住の自由、人身拘束からの自由を奪われたのである。 ...
  • 西ヨーロッパの内部においては、上述の通り古代末期においてラティフンディウムの崩壊により奴隷の使用は少なくなる一方、コロナートゥスの進展により農奴と呼ばれる労働・居住の自由を持たない奴隷的な小作人が数多く存在した。 ...
  • 七月二十七日同地占領以来、住民の復帰する数は次第に増加しつゝあるが、まだ居住の自由は与へられてゐない。 ...
  • 外国人は条約上表面は居留地以外の居住が出来ないわけだが、事実は「旅行免状」と云ふ便法で、内地居住の自由もあれば、商買の自由も持つて居た。 ...
  • 明治時代以降に居住の自由が認められてから、東京などといった都市部に農村から移住してきた貧民が木賃宿や長屋に住み着き、そういった人々で構成される地区が下層社会などと呼ばれた。 ...
  • 世界人権宣言第13条は移住の自由を保障し、さらに国際人権規約B規約第12条は居住の自由及び移動の自由を規定している。 ...