居るぢやないか

17 の例文 (0.00 秒)
  • 「それは又變り過ぎて居るぢやないか」 平次もツイ居住ひを直しました。 ...
  • さうでなくてもすですで精神的せいしんてきにはおまへ肉体にくたいたましひもスツカリはれてるぢやないか。
  • まるきり古家ふるいへ障子見しやうじみたやうにまどきさらしてはだえてるぢやないか。 ...
  • それにしてもあんま出別神でわけのかみ莫迦ばかにしてるぢやないか。
  • ほんとにおかあさまなどとひと馬鹿ばかにしてるぢやないか。 ...
  • それにるぢやないか。
  • お前は一審に自白して居るぢやないか。 ...
  • それにひきかへ貴様きさま高姫たかひめともに、日々烏にちにちからすくやうにいのちはいらぬ、おみちためなら仮令たとへどうなつてもしくないとうてるぢやないか。
  • もう一人ひとりのケリナひめけた奴狐どぎつね首筋くびすぢきずいたしてるぢやないか、其方そのはう亦耳またみみあたりにきずあとがある。 ...
  • あの海上かいじやうい、貴様きさま友達ともだちの【アホ】どりはねひろげて空中くうちう自由自在じいうじざい翔廻かけまはつてるぢやないか。
  • お松はあんなにまでして、時次をかばつて居るぢやないか。 ...
  • なア、モリス、んぼ天狗てんぐをんなきらひだとまをしても、閻魔えんまさまでもをんなしろかたをもンでもらうてうれしさうにしてるぢやないか。 ...
  • 「どうした八、遠來ゑんらいの馬見たいに、泡を吹いて居るぢやないか」 平次は事ありと見て、碁を片付けました。 ...
  • 「玉吉兄哥あにいか、どうしたんだ、大層あわてゝ居るぢやないか」 明神下の平次の家、障子の隙間からヌツと出したのは、その八五郎の長んがいあごだつたのです。 ...
  • 「凧絲ですね」 「凧絲はわかつて居るが、血が附いて居るぢやないか」 一と握りにした凧絲は、ほぐせば五六間はあるでせう。 ...
  • 「心配するな、曲者は四谷ぢやないよ」 「えツ」 「其處に居るぢやないか、それ」 錢形平次の指は、ピタリと若旦那の重三郎を指して居るではありませんか。 ...