尺四方の地上権

3 の用例 (0.00 秒)
  • 仕事の内容を知っている花井たちには、この不特定な一尺四方の地上権という買いあさりの目的を、ほぼ察知することは出来た。 安部公房『飢餓同盟』より引用
  • それも、条件がすこぶる変っていて、どこか特定の一尺四方を買うのではなく、その地所の中の、どこか分らない不特定の一尺四方の地上権を、三百円で買いとるというのだ。 安部公房『飢餓同盟』より引用
  • もっとも、町全体が、一尺四方の地上権の網で、すでにすっぽりおおわれてしまっていたのだから、現実の売買がおこなわれる余地は、もはやなかった。 安部公房『飢餓同盟』より引用