尺四方

187 の用例 (0.01 秒)
  • あいつはあの何尺四方かの泥の世界だけに閉じこもっているのだからね。 ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • 玄関まえの塀には抗日宣言が二尺四方くらいの大文字で書かれてあった。 石川達三『武 漢 作 戦』より引用
  • その声がはたと切れて、七本の針が、まさに六尺四方に闇をきって飛んだ。 山田風太郎『風来忍法帖』より引用
  • 一〇三号室はいちばん上の階にある八尺四方の小部屋だった。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • 一尺四方もあるような大きな穴があいちゃって、根太板ねだいたへ通りそうなんだよ。 興津要『古典落語(大尾)』より引用
  • それは一尺四方の板木を、全部で百二十枚も彫るという大仕事だった。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』より引用
  • 百三号の房に来てみると、それはこの家屋の最上階にある八尺四方の小房だった。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • 大きさは六尺四方の箱で、丸い玻璃があちこちにつき出し、美しく輝く。 菊地秀行『トレジャー・ハンター01 エイリアン秘宝街』より引用
  • 天井はなく、窓は一尺四方に切った戸を押し上げて、端に突っかい棒をする。 野坂昭如『東京十二契』より引用
  • その貴婦人はやはり前に見たごとく三尺四方の厚い首枷くびかせめられて居る。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 然し三尺四方の床の上へ一杯ひろがつた形は、依然微動もしなかつた。 坂口安吾『蒼茫夢』より引用
  • 祭壇の前には四尺四方以上もの緑のぎょくの板碑があり、銘文が刻まれてあった。 フーリック/大室幹雄訳『中国湖水殺人事件』より引用
  • この赤い部屋には窓がなく、天井の三尺四方ほどのガラスの天窓から光をいれる。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • その風呂からあがってきた青年は、四尺四方のくりの台に腰をおろし、背をむけた。 山田風太郎『おんな牢秘抄』より引用
  • 一つは毎日午後三時頃になると、ちょうど僕の坐っているところへ二尺四方ばかりの日がさして来る。 大杉栄『獄中消息』より引用
  • 鐵格子のはまつた三尺四方の窓が南に向いて一つあるきりの六疊の座敷であつた。 下村千秋『天国の記録』より引用
  • この辺は固より寒い処なのでその火燵こたつは三尺四方の大きさである。 正岡子規『病牀六尺』より引用
  • 二十段を数えたとき、固い岩壁に掘鑿くっさくした十五尺四方くらいの穴ぐらに立っていた。 フーリック/大室幹雄訳『中国湖水殺人事件』より引用
  • およそ十尺四方に結縄が張りめぐらされ、その中央に丸型の祈祷台きとうだいが置かれた。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • その格子は、丈夫な鉄の棒を横に渡して作られたもので、二尺四方くらいの大きさだった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 次へ »