就く資格

13 の用例 (0.00 秒)
  • 父の余昧はもともと初代の王である寿夢の3男で王位に就く資格はなかった。
  • 第一に譜代大名は、老中・若年寄をはじめとする幕閣の要職に就く資格があることである。
  • 同職を設置するとの上院の決定は、上院に勤める元大統領及び副大統領は全員同職に就く資格を有するとした。
  • クロドウィン・ブーンは、この要職に就く資格を持っていた。 K・H・シェール『地球人捕虜収容所』より引用
  • 州単位では、シェルビーが民兵法を改正し、18歳から45歳までの男性全てを軍務に就く資格あるものとした。
  • 琉球王国の人事制度では、官生となって明・清への留学資格を得て、留学をして国子監を出ることで琉球王府における高位高官に就く資格を得ることが出来た。
  • ですが、わたしには王位に就く資格はありません。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • 当時、元アメリカ連合国のために戦った者、あるいは仕えた者は、アメリカ合衆国憲法修正第14条の規定により、その「政治不能状態」が連邦議会の3分の2以上の同意で取り除かれるまで役職に就く資格が無かった。
  • 中央・地方のウジは、大王との間に隷属・奉仕の関係を結び、それを前提にして氏のリーダーは朝廷における一定の政治的地位や官職・職務に就く資格と、それを世襲する権利を与えられた。
  • だが、実際には六位以下の散位、蔭子孫、位子、無位帯勲者など、官職に就く資格があっても諸事情によって就けない者や本人の非によらない理由で官職を免じられた者もいた。
  • アリストテレスは『動物誌』にて、人間の成長を7年刻みの説で人間の成長段階を表し、大人とはアテネの五百人会に名を連ねて公職に就く資格を持つ者を指し、それ以前の段階では「想定上の」または「見習い」市民に過ぎないと述べた。
  • 一方豊前大神氏を経るとの説は、豊前国に入り宇佐神宮の創祀に関わった大神比義に始まり、同宮の禰宜職及び後に大宮司職を継いだ大神氏が、同じく大宮司職に就く資格を持ち在来の豪族であったとされる宇佐氏と争い、それに敗れたために宮外に土着したするものである。
  • 政治はハインドマンを必要としており、役職に就く資格は無いものの、レコンストラクションの規約に反対して立ち、レコンストラクションの指導層と直接紛争に入った。