就く機会

19 の用例 (0.00 秒)
  • 守備では三塁の守備に就く機会が前年の5試合から33試合に増えた。
  • ただし、本来の目的である長距離の練習航海に就く機会は無かった。
  • このため予備車扱いとなり、運用に就く機会は少なかった。
  • パーンには国王の座に就く機会が4回訪れている。
  • 守備では、現役時代はサード、セカンドを始め、外野守備に就く機会も多かった。
  • 同線転属後は同時期に制御車化され志度線に転属した890形と異なり、終始予備車扱いで営業運転に就く機会はほとんどないままであった。
  • しかし、2014年4月ごろから数々の運用をこなすようになり、特急運用に就く機会も多く見かけるようになった。
  • 自らを責めて艦長の座を辞したエンライトだったが、再び艦長に就く機会が訪れる。
  • 外野の3ポジション以外にサードの守備に就く機会もあった。
  • 特に2009年はプロ入り後初めて一度も守備に就く機会がなく、2010年4月8日の対ミネソタ・ツインズ戦で2年ぶりの公式戦守備に就いた。
  • しかし冷房装置がないため定期運用に就く機会も減っていた事から2004年1月13日の原則全列車ワンマン運行化に際してもワンマン機器は搭載されず、イベント列車などで使われる以外は予備車の中の予備車的存在となり、一年のうちほとんどの期間は修学院車庫に留置されたままとなっていた。
  • ここに詰める大名は「詰衆」と呼ばれ、他の席の大名とは異なり毎日登城するため、幕閣の目に留まり役職に就く機会が多かった。
  • しかし、ダイヤ改正に伴う定期運用数減により営業運転に就く機会はなくなり、2両ともに鶴来駅構内で事実上休車状態で留置された。
  • 国民の大多数を占めるマヤ族など先住民は、概して零細な小規模農業に従事し、また多くはスペイン語の読み書き能力をもたないため、他の職業に就く機会も少ない。
  • 黒人は選挙権を無くすことで、世紀の変わり目における政府の活動の場であった地方役職、すなわち保安官、治安判事、陪審員、郡政委員および教育委員会委員に就く機会を全て失った。
  • その時まで軍事職にあったが、フィリシュタはビジャープル王国では直ぐには成功せず、更に悪いことにフィリシュタはシーア派であった為、デカン諸王国のスンニ派が支配的な宮廷では高位に就く機会は少なかった。
  • WBC日本代表の強化試合で浅いフライを追って上本と激突したほか、一軍の公式戦で守備に就く機会が増えるにつれて、エラーとして記録されない程度のミスが目立つようになった。
  • 守備位置も転々として、ロイヤルズでは三塁手、カージナルスでは一塁手、フィリーズでは一塁と外野の併用、エンゼルスでは外野、タイガースでは守備に就く機会は少なかったが一塁・二塁・三塁・外野を少しずつ守った。
  • ハート・ファウンデーション、デモリッション、ブレーン・バスターズ、ツイン・タワーズ、パワー&グローリー、ナスティ・ボーイズなど、数々のチームと激闘を繰り広げたが、タッグ王座に就く機会には恵まれなかった。