就く可能性

10 の用例 (0.00 秒)
  • こうして本来は王位に就く可能性が低かったムルシリに王位が回ってきた。
  • 管理職は向いていないと感じた彼は、帝京大学では管理職に就く可能性はほとんどないということを知らされ、移籍を決意したのだという。
  • それなりの生物学的強化と免疫学的強化は受けているが、その程度は長期宇宙勤務に就く可能性のある軍人なら誰でも受けていることだし、他にはこれといって思い当たる事はない。 亜瑠『ミソ汁のための死闘』より引用
  • 逆に最高位の地位を占めるという要件を満たせば庶流でも氏長者に就く可能性もあったのである。
  • なお鉄道会社では、運転業務に就く可能性がない非常勤採用などの場合を除き採用時に色覚検査を行っており、色覚に異常のある者は鉄道会社への就職はできない場合が多い。
  • 後継には、アメリカ国内で資金洗浄に従事し、同じく指名手配されている弟のオマール・トレビーニョ・モラレスが就く可能性が高いとされている。
  • 市場のパイはそれほど増えないから、目標を達成すればホンダがGM、フォードに次ぐ第三の座に就く可能性が極めて濃厚だ。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • しかし父クリスチャン・アウグスト2世はシュレースヴィヒ=ホルシュタインにおけるドイツ系住民の民族主義・分離主義運動の象徴的存在であり、デンマーク王室・政府との対立からフリードリヒが王位に就く可能性は消えた。
  • 妍子の皇子が帝位に就く可能性はこれでなくなり、また皇后娍子所生の敦明親王が三条天皇の没後皇太子を辞退してしまったこともあって、冷泉天皇系の男子の皇統は完全に将来を閉ざされることになった。
  • 中世前期においては菅原氏の中でも嫡流とされていた唐橋家が長者に就く可能性が高かったが、唐橋在数が長者に就くことなく明応5年に九条政基父子よって殺害されると、唐橋家は没落したために長者を出すことがなくなり、代わって高辻家・五条家・東坊城家の中から長者が輩出されるようになった。