就く

全て 動詞
5,331 の例文 (0.01 秒)
  • 志賀氏の作品に就いて自分の感じている事を、述べて見たいだけである。 ...
  • 引退当初は家族のいる東京に帰り、野球とは違う仕事に就く予定だった。 ...
  • で私の仕事というのは毎日朝三時間ずつ博士に就いて講義を聞くだけです。 ...
  • この男がどんな職業に就き、どこでなぜ、誰に殺されたのかは知らない。 ...
  • どこかで眠りに就く前に、天吾に言っておくべきことを思い出したのだ。 ...
  • 正之助がそろそろ床に就こうかと思っている時刻、自宅の電話が鳴った。 ...
  • それに就いては、是非貴女に一緒に行っていたゞきたいと思うのだがね。 ...
  • それに就いては、是非貴女に一緒に行つていたゞきたいと思ふのだがね。 ...
  • その晩もお三輪は旅人のような思いで、お力の敷いてくれた床にいた。 ...
  • 眼や眉や鼻や口や耳などという個々のものに就いては今語り尽せない。 ...
  • 二人は二人の始めから、この窓に就いての多くの思い出を持っている。
  • 酒の匂いがしても勤務に就かせないようにしているくらいであった。 ...
  • 講座は、原則として専任の教授が指導的な立場に就くものとされている。 ...
  • 教育というものにいても、私はここでいうべき多くを持っている。 ...
  • 彼の最近の一つの恥に就いては、どうあつても彼は老師に話せなかつた。 ...
  • 女は夫の収入以外に夫に就いては何事をも知る必要がないのだ。 ...
  • 彼はもう自殺をするものとして死後のことに就いて考えていた。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:就く