少年審理手続

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 少年審理手続における全ての判断の基礎にあるのは、児童の福祉である。 ...
  • 少年審理手続に付された事案は、まず、専門職である調査官が調査する。 ...
  • 少年審理手続の制度は、もともとは同国での1968年社会事業法によって導入されている。 ...
  • 調査官の調査対象となった児童の約5分の1が、少年審理手続に招集される。 ...
  • 少年審理手続制度は、1968年社会事業法によって導入され、現在は1995年児童法に組み込まれている。 ...
  • 調査官は、スコットランド児童調査官管理局に勤務し、事案を調査するとともに、強制的な監督手段が必要か否かを判断し、児童を少年審理手続に招集する。 ...
  • 個々の少年審理手続を主宰するのは、一般市民の中から志願し、研修を受けた民間審判員3人で構成される合議体である。 ...
  • 少年審理手続制度は、スコットランド大臣が設置し、上級裁判所判事であるキルブランドン卿が議長を務める委員会が1964年4月に提出した報告書に従ったものである。 ...
  • 少年審理手続においては、その手続において児童の権利を擁護する必要があると考えられるときは、少年審判所又は審判官会議は、付添人名簿登載者や国選弁護人名簿登載者の中から国選代理人を指名する権限を有する。 ...
  • 少年審判所は、調査官の補佐を得ながら少年審理手続を主宰し、調査報告も勘案して少年の処遇を決定する。 ...
  • 少年審理手続の対象となるのは、8歳以上16歳未満の児童の犯罪事案及び要保護・要扶助事案である。 ...
  • 少年審理手続の対象者には、伝統的に司法機関が取り扱ってきた犯罪少年ばかりでなく、福祉機関が取り扱ってきた要保護・要扶助少年も含む。 ...
  • 簡易裁判所では、専門職である簡易裁判所判事が、通常の刑事手続と同様の手続を経て、事案を再度少年審理手続に付する。 ...
  • 重罪事案や16歳以上18歳未満の少年の犯罪事案については、検察官が簡易裁判所や高等司法法院に起訴し、通常の刑事手続を経て、これらの刑事裁判所が判決をするが、検察官及び刑事裁判所は、その裁量で、事案を少年審理手続に付すことができる。 ...
  • 例えば、少年審理手続、スコットランド土地審判所、スコットランド土地裁判所およびリヨン裁判所がある。 ...