少将率いる

122 の用例 (0.01 秒)
  • 主要な参加戦力はいずれも少将率いるの隷下部隊であった。
  • 日本海軍は上陸部隊を攻撃するため、大森仙太郎少将率いる連合襲撃部隊を差し向けた。
  • また、この2つの任務部隊とは別にオーストラリア海軍の少将率いる第44任務部隊がタンカー護衛のため派遣されることとなった。
  • 左翼ではエルヴィン・ロンメル少将率いる所属の歩兵連隊から攻撃を受けるまで進撃に成功した。
  • ヘンリー・T・メイヨー少将率いるアメリカ艦隊はアメリカ国民とその資産を保護するため同地域に展開していた。
  • この一連の戦闘において、司令官白石万隆少将率いる第七戦隊は大きな損害を受けた。
  • やがて、陸上偵察機により五藤存知少将率いる日本艦隊が「スロット」と呼ばれるコースを通って接近しつつあることを報告してきた。
  • 田中頼三少将率いる輸送船団も6隻を失った。
  • そこで、新たに形成されたフランク・フレッチャー少将率いる第17任務部隊の旗艦となった。
  • これを迎撃すべくカレル・ドールマン少将率いるABDA連合艦隊が出撃した。
  • 午後二時、第二軍司令部は旅順陥落と判断し、第一師団所属で乃木希典少将率いる歩兵第一師団配下の歩兵第二連隊と同十五連隊第三大隊に市内掃討の任務を命じたが、この二つの部隊が事件第一段階時点での当事者となった。
  • 南軍の将軍ロバート・E・リーが初めて北部の領地内に侵攻したが、北軍のジョージ・マクレラン少将率いるポトマック軍に撃退された。
  • 降伏したエドワード・P・キング少将率いるバターン半島の米比軍は、約7万6千名もの多数が捕虜となった。
  • ロンドンをドイツ空軍から護ったのがアックスブリッジに戦闘指揮所を設けるキース・パーク空軍少将率いる第11戦闘機群である。
  • 警戒隊としてガダルカナル島に向かう途中、カールトン・H・ライト少将率いると交戦する。
  • この輸送をいち早く察知した米海軍は、その阻止のためにカールトン・ライト少将率いる第67任務部隊をガダルカナル島沖に派遣する。
  • この戦闘では、サミュエル・カーティス准将率いる北軍がアール・ヴァン・ドーン少将率いる南軍を破った。
  • オーストリア軍はアントン・シュビルツ・フォン・コビニン少将率いる少数の騎兵によって護衛されて、なんとかその晩のうちにボルゲットにおいてミンチョ川を渡って退却することができた。
  • しかし、日本軍はその事を理解しておらず、わずか120名の守備隊はリッチモンド・K・ターナー少将率いる水陸両用部隊に一蹴されたのである。
  • 唯一の救いは、ジョージ・ケニー少将率いる第5空軍とネーサン・トワイニング少将のソロモン方面航空部隊が、任務遂行のために必要な航空機を確保しているとみられたことであった。
  • 次へ »