少なくもなく

20 の用例 (0.00 秒)
  • これはドイツの降水量としては、多くも少なくもない中間域に含まれる。
  • 現代の二十五歳の独身女性としては、多くも少なくもない平均的な数であろう。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • それほど多いとも思えないが、少なくもないのだろう。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • 彼らは1707年の連合法は16人より多くも少なくもない人数を貴族院に配分すると決めたものを理由にした。
  • 利用は多くもなく少なくもないので、渋滞が起きることも少ない大変計算できる道路である。
  • 手紙が年に二度、それよりも多くも少なくもなく、きちんと二度だけ送られてきて、しかもそれがまったく同じような文面だった。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(上)』より引用
  • そして宝石をはめこんだ窓の数を数えて御覧になって、その数が実際に九十九あって、それより一つも多くも少なくもないことがおわかりになり、これにはすっかり驚いてしまいなさいました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 07』より引用
  • 救急隊は五回出場、多くも少なくもない平均値だ。 日明恩『埋み火』より引用
  • 数えてみるときっかり百ドラクムあります、それより一ドラクムも多くも少なくもなく。 佐藤正彰訳『千一夜物語 10』より引用
  • そしてこうした一切は、きっかり一週間、それよりも多くも少なくもない間に、仕上げられたのでした。 佐藤正彰訳『千一夜物語 04』より引用
  • 海外ではそれほど少なくもないが国内研究機関で最古にして唯一この名称を冠するのは日立金属が擁する冶金研究所のみである。
  • なぜならば、まだそれまでにはたっぷり三時間、それよりも多くもなく、少なくもなく、きっかりそれだけは残っていますからな。 佐藤正彰訳『千一夜物語 02』より引用
  • 年収は同世代の人間にくらべて、多くも少なくもなく、まあ、平均的といったところではなかろうか。 山田正紀『ふしぎの国の犯罪者たち』より引用
  • そのあいだ、一台の輸送車が曲りくねったコースをたどってせっせと配達の仕事をやりながら、しかしキニスンの車から一マイルより多くも少なくもない距離を保って走っていた。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ2) グレー・レンズマン』より引用
  • 平日の夕方、少なくもない人混みの中で、麻衣はかわにぶら下がるようにしていた。 小野不由美『悪夢の棲む家 (下) 挿絵あり』より引用
  • そして一同はきちんと列を作って、アリ・ババの下を進んでゆきましたので、アリ・ババはたやすく数えることができ、彼らはみんなで四十人きっかり、それより一人も、多くも少なくもないことがわかりました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 09』より引用
  • それでも、この両派は共通点も少なくもない。
  • 家を出て、学校へ行く途中も、こっそり両腕を前方へ差し出し、商品をもらう真似をして、シャツの袖が、あまり多くもなく、少なくもなく、ちょうどいいぐあいに出るかどうか、なんどもなんども下検分してみるのでした。 太宰治『走れメロス』より引用
  • されば牢獄より、一人も多くも、少なくもなく、きっかり百人の回教徒ムスリムーンを引き出して、彼らの首を刎ねなければなりませぬ。 佐藤正彰訳『千一夜物語 07』より引用
  • 多くはないが、少なくもない。 小野不由美『十二国記 06 風の万里 黎明の空(上)』より引用