少なくとも

全て 副詞
23,424 の用例 (0.02 秒)
  • 世間一般の者にそういう人があるとは言わないが少なくとも僕にはある。 国木田独歩『忘れえぬ人々』より引用
  • 今日は少なくとも一生のうちで新しい生活にはいる記念の第一日である。 田山花袋『田舎教師』より引用
  • これを手にするお前が、少なくとも十七歳より上であることを望みたい。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • そうしなければ主体の問題は少なくとも具体性に於ては解けないからだ。 戸坂潤『思想としての文学』より引用
  • 少なくとも学生層に於てそういう過大部分が発生するようになって来る。 戸坂潤『技術の哲学』より引用
  • 少なくとも君も私も文書の上の解決をまだ手に入れてはいないんだからな。 原田義人『城』より引用
  • ということは彼女は少なくとも三か月に一度はしているということである。 群ようこ『無印OL物語』より引用
  • 少なくとも彼らはかくあるべきものとして一般に要求されていたのである。 末弘厳太郎『役人の頭』より引用
  • しかし少なくともこんな男が泣いたという事実だけはあったのである。 柳田国男『木綿以前の事』より引用
  • わたしのほうがすぐれてはいないにしても、少なくとも別の人間である。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • なぜかと言えば、少なくとも芸術家はなんの役にもたたないからである。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 少なくとも二度、ぼくはあの男のきていることをお父さんに隠しました。 原田義人『判決』より引用
  • 我々はどうして、少なくともその深淵の影を死の影と区別したらいいか? ポー・エドガー・アラン『落穴と振子』より引用
  • 少なくとも統制政策が円滑に成功するためには当然そうなくてはならぬ。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 或いは少なくとも、夫を以て一定の科学の理想的な方法だと考えたがる。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • 少なくとも女一人を身うけする事が出来る位の金は優に得られる予定だ。 長与善郎『青銅の基督』より引用
  • 少なくとも二つの間に密接な又直接な連絡のあることは万人の常識である。 戸坂潤『生産を目標とする科学』より引用
  • 少なくとも聞いてる側は、コンピューターの音真似その物に興味はない。 富田倫生『青空のリスタート』より引用
  • あるいは、少なくとも旧司令官のときにはそうではありませんでした。 原田義人『流刑地で』より引用
  • けれど少なくとも私は、当時から全ての原稿を機械で書いていました。 富田倫生『本の未来』より引用
  • 次へ »