少し外れる

20 の用例 (0.00 秒)
  • わたしたちが通ってきた街道から少し外れたところに、問題の屋敷はあった。 深沢美潮『消えた少女とロングソード』より引用
  • 川越街道は交通量が多いが、少し外れると、畑や木立の深い地域である。 夏樹静子『死刑台のロープウェイ』より引用
  • 見上げると十六日十七日と思える月が真上を少し外れたところにかかっていた。 梶井基次郎『泥濘』より引用
  • この作品でいているのは、シリーズの本筋から少しはずれたエピソードです。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • そんな川の近く、道から少し外れた林の中に、一台のモトラドが止まっていた。 時雨沢恵一『キノの旅 第06巻』より引用
  • Dの刃はローランドの心臓を少し外れて、右肺を背中まで抜けていた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11b D-ダーク・ロード2』より引用
  • 城は赤い線から少し外れたところにあったが、大幅にルートを逸脱したわけではない。 伊豆平成『PATRONE1 護民官ルフィ&ワイリー』より引用
  • そこでここに至って初めて真の芸術であって、ここから少し外れるともう芸術的になってしまう。 北大路魯山人『古陶磁の価値』より引用
  • 帰り道のコースからは少し外れてしまうが、背に腹はかえられない。 原田宗典『どこにもない短篇集』より引用
  • それは同時に、微妙に定期的に近かった今までのパターンから少しはずれてもいた。 富永浩史『スフィア ―哀しみの青想圏―』より引用
  • 軽い足取りで源義を追い抜くと、道を少し外れて森が切れるほうへ向かった。 井沢元彦『GEN 『源氏物語』秘録』より引用
  • 少し外れた席ですわっていた私のわきを通りながら、軽く片目をつぶって見せた。 赤川次郎『霧の夜にご用心』より引用
  • 歌舞伎町から少し外れた、名の知れたマンションの一室に、その店はあった。 黒沼克史『援助交際』より引用
  • 繁華街からは少し外れているようだったが、タクシーではほんの七、八分の距離だった。 樋口有介『探偵は今夜も憂鬱』より引用
  • 私の父の家は町から少し外れた馬市場のなかにあつて、父は市場の古参のおやぢでした。 犬養健『亜剌比亜人エルアフイ』より引用
  • 都心から少し外れているとはいえ、周囲は住宅地なのに、ここは別世界のようだ。 赤川次郎『静かなる良人』より引用
  • 街道から少しはずれている、光の場所を和穂は指し示し、光の横にある数字を読む。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編01 くちづけよりも熱い拳』より引用
  • グアテマラシティの中心街からは北に少し外れたところにある。
  • 昼食時間を少しはずれているので、ほぼ半分程度の入りだった。 赤川次郎『自殺行き往復切符』より引用
  • とフォードをホテルの正面の、少し外れた場所へ動かしてから、一人でホテルへ入って行った。 赤川次郎『いつか誰かが殺される』より引用