少し声高

9 の例文 (0.00 秒)
  • と聞返して、とあざけるように二度言って、と少し声高に、幹事が私を呼ぶじゃないか。 ...
  • 素子は支配人に向って少し声高なロシア語で談判めいて云っている。 ...
  • わしは一足退すさったが、いかに深山だといってもこれを一人で置くという法はあるまい、と足を爪立つまだてて少し声高こわだかに、といった。 ...
  • わしは一足退すさったが、いかに深山だといってもこれを一人で置くという法はあるまい、と足を爪立つまたてて少し声高に、といった。 ...
  • わしは一足退あしすさつたがいかに深山しんざんだといつてもこれ一人ひとりくといふはふはあるまい、とあし爪立つまだてゝすこ声高こはだかに、といつた。 ...
  • わざと少し声高に言う。 ...
  • 「グレー、」とスモレット氏は少し声高に再び言い始めた。
  • 同書によれば、浅野が吉良に付届けをしなかったので吉良は不快に思い、浅野が勅使をどこで迎えるべきかと吉良に問うたところ、「そんな事は前もって知っておくべきだ」と嘲笑し、「あのような途方もないことをいう人間にごちそう人が勤まるか」と少し声高に雑言したという。 ...