少ぅ

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 少くとも、芝居を見に来たやうな気がしない連中があるかもわからない。 ...
  • 少くとも彼等の文章には之と同じ位に深い根を認めることが出來ない。 ...
  • 少くともその先はここまでのようにはっきりと記憶には残っていない。 ...
  • 恐らく彼に対しては少くとも苗字のことが気にかかっていたのであろう。 ...
  • 少くともこの男の態度や顔には、そうとしか思われない長閑のどかさがあった。 ...
  • 清太郎はそこにいないかも知れない、少くとも死んでいるのではないか? ...
  • まず初めにヴィーンで少人数の弟子達がわたくしの囲りに集まってきた。 ...
  • 色が黒い故かかる説を称えたので、その頃インドに少なかったと見える。 ...
  • 少くともその仕事をしてしまふまで生きて居たかつたと見ることである。 ...
  • 一体かねと云う概念については、この女程分からずにいるものは少かろう。 ...
  • ところが、奇妙なことに、この建物には窓というものが極めて少かった。 ...
  • して見れば現存墨子の書は少くも全部墨子の親撰に出でたものでは無い。 ...
  • いつでもしまひ際に人が少くなつたをりを見て下りて來るのであらうか。 ...
  • 少くともわたしに書かせたいと云ふのは、何か好意もまじつてゐるでせう。 ...
  • 名前位は知っているだろうが、実際に私を知っているものはごく少い。 ...
  • 僕の見るところ、少くとも、三つの大きな原因をあげることができます。 ...
  • 少くとも死が間近かに彼に近づく時には必ずその力が来るに相違ない。 ...